スポンサードリンク

Home >> 言語考 >> 旧友に会えた日
Page: 3/17 << >>

旧友に会えた日

先日「パプリカ」をテスト撮りして、YouTubeにアップしました。
私が歌っています(笑)

さておき昨日は古き友に再会した。
高校の時に、自分以外のろう者に会うことがない…同じくらいの世代の。

その当時、大阪にはろう学校が3つあった。
これを全部行ってみようと思ったのが始まりで、
埋まったら、近畿全部行ってやろうと思った。

近畿と言っても広いんだが…一応全部埋めた♪
非常に長い付き合いの「ギタリスト」の大ちゃんもその当時知り合った。
最近、子供のこともあって支援してた「ムッチー」も大阪うめうめ時代に仲良くなった。

今回は和歌山だ。

青年部時代に再会して以来なので結構経つ。

今うちの相方も法人後援会の役員として頑張っているんだが、
実は私もかつては色々と支援活動してたんだよね。

施設の話を聞いてて、ふと思った。
私は、よく話が長いと言われる。
その理由…わかった。

普段から人に会わないから、会えた時は嬉しくてついつい長話になってしまう。
嫌いな人だったらサッとスルーするけど、長話してしまう相手って「好き」なんだねぇ。

私と高齢者施設に居る高齢者の方々と比べちゃいけないんだけど
聴覚障害者向けの施設が必要だと思う気持ち…自分はよく分かる。

私は特に手話に拘る訳ではないけども、やっぱり話せる相手がほしいと思うのは同じだから。

ましてや学校に行けなかった高齢者の方などは手話のみ。
字も読めないという人も居る。
大阪や京都、神戸とかだったら全く字が読めないという人はそんなに多くない印象。

和歌山や滋賀とか言い方悪いけど「田舎」になると若いうちから農業やら林業やら「仕事」を先にやっている人が多い。
なので、字が読めない、書けないはあまり問題にならない…そういうケースもあります。

そういう生き方をしてきた人が、老人ホームに入って、かつての仲間たちとはあまり会えなくなる…
その寂しさは察して余りある。

周りに人はいても手話がわからない、使えない人ばかり。

随分昔の話だが、尼崎方面の老人ホームに或る聴こえないお爺さんが居た。
手話の使える、ちょっとした通訳も出来る方に「助けて」と連絡があり会いに行ったわけだ。

身寄りも居ない、手話が通じない、筆談も無理。
通訳者を連れてきても通じないので途方に暮れてたという状況。

私、子供の時から本好き。
言葉というものに強い想いを持ってる。
自分で言うのも何だが想像力も自信あり。

かんたんな手話なら多少は通じるので(名前とか挨拶など)
そこをきっかけに話しかけてみた。

確かに依頼してきた方が言うように手話が普段見慣れてる感じのものではなかった。
相手の表情や手の動きから…見えてきたものをやり取りしているうちに
私は“彼の手話”を理解し、それを使えるようになってた。

広島は呉の生まれで、工場で見様見真似で働いていた話だとか、
自分の友達が死んでしまったとか、
彼は嬉しかったのだろう…それは雄弁に語り始めた。

私はそれを見ながら、声で依頼者の方に彼のいわんやとすることを通訳。

この経験があるからなのかわからないが、スイッチが一度入れば自分の言葉が切り替わる
実際、普段使うような手話ではなかったとあとになって言われた。

写実的な表現に日本語によらない文法。

スイッチが元に戻ると再現しろと言われても無理だが、
よく考えれば、ベトナム人のろう者が日本に来たとき
ベトナム手話で話してたはず。(それもホーチミン手話)
普通にわかるし、普通に会話してた。

在米時でも同じで、ASLというよりはCL型に分類されるであろう手話表現を駆使して
誰とでも話した。
国際手話にちょっと近いかも知れない感じだね。

勿論、帰国する頃にはASLを普通に使ってたけど。

言葉を理解したければ想像力が必要だと本気で思ってる。
筆記された文章じゃない。
会話する能力。

恐らく今自分が手話歌制作家になってるのも、
言葉にこだわり、表現に拘っているからだろう。
歌は日本語どおりやると意味がわからないとか反対の意味になったりとか…
見る人に国語力を求めてしまう。

手話を知らない人には通じない歌って…(汗)
手話であることと音声であることで壁を作りたくない。

歌詞カードと全く同じに読めなくていい。
想いや、情景を感じて欲しい。

そんなことを帰り道で考えてしまった。

に、してもかつて、いわゆるヤンキーとしてはしゃぎまわってた同じ年の友人が
方や、施設の要となり、方や歌うたいになってるとはね。

人生ってわからんもんだわぁ苦笑

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:言語考
Home >> 言語考 >> 金沢にて

金沢にて

先日、私としては珍しく?久しぶりに?遠出してきました。
行き先は石川県金沢市。

後輩というか友人の結婚式にお呼ばれして向かいました。
あいにくの雨でしたが、数年ぶりに久しぶりの友人に再会。
相方のマカオ行きに一緒に行った“マツ”です。

さておき、私は石川県に関しては福井からちょっと石川に入った?というエリアまでしか行ったことがなく、
手話歌や言語考察にはまり込んでからは初めてです。

手話を勉強している方なら「石」という手話に何通りかの表現があることをご存知かと思います。
「石川(県)」では「石」を顎にぶつける表現は高齢の方には嫌がられるそう。
「石川県」を表す手話にはその表現は使わないのですが「石」と単独で使う場合はこの表現もあります。

私はそもそも、「石」を漢字表記だという説明は後付だと思っています。
何故ならば「石」を漢字で表現するというのは「川」を水の流れではなく“川”と漢字で表現するのと同じなのです。
そして、多くの場合“川遊び”などの表現では“水”の表現を使います。
身近にある“ただの石ころ”をわざわざ漢字に変えて表現するのは考えにくい。

見たまんま、の表現であるでしょう。
これは高齢の方に説明らしきものを受けた時どう表現したかを思い出しました。
たいてい子供の頃に石というものは拾い、握り、投げる、置くというような行動にあったと思います。
それを考えると野球のボールで一人で遊ぶ時の左手のグローブにボールを投げる…そんな動きがあっただろうと思います。
コブシで左手に投げつけるように当てるという仕草で石を表したと思われます。
これで石の硬さを感じることも出来ますね。
逆に「鉄」という手話は左手は石と同じくするのに対し、右手は二本指で爪先を手のひらにぶつける仕草をします。
これは鉄というものがあまりにも硬く、すこし叩くだけでも甲高い感じの音がするからではないでしょうか。
石材、木材と比べ、鉄材は軽く叩くことによって硬さを確かめます。
ろう者の場合は音で判断はしないと思いますが叩いた時の感触で薄いか厚いか、硬いか柔らかいかはわかります。
アルミだって硬いものは硬いのですが鋼鉄などと比べれば柔らかく、それは叩くことでわかるものでもあります。
最初に硬いものの代表として石があり転じて鉄という手話が生まれたのでは?と私は予想します。

とはいうのも、昔の手話の本では「〇〇はこう表現する」とだけあって、何故その表現かという説明があまりありませんでした。
日常会話などにおいては「語源」を知らなくても会話は成立するので問題となりませんが、
他言語使用者に「何故か?」と問われると説明に困るものが結構あります。

また、石川県と言えば2/3が能登半島。
昔は喉仏の辺りを指差し「能登」と表したそうですが、これは「喉(ノド)」と「能登(ノト)」が似ているということで
いわば手話ダジャレのような感じで使われていたのでしょう。

金沢は旧国名が『加賀』でした。
この辺りは旧国名が結構多く入り組んでいます。
東北をみちのくというように旧国名が残っている場合…これに関する手話はどこまで残っているのかを尋ねましたが
残念ながらあまり詳細な記録はないようです。

大阪でも旧国名は河内・和泉・摂津の三国。
ろう協のブロック分けで「北摂・京阪・河内・泉州・市(大阪市)」と5ブロックに分かれています。
この中に旧国名3つは「北摂(北+摂津)」、「河内」、「泉州(和泉+州)」と残っていますので
まだ何とか表現できなくもありません。
お隣の兵庫だと「五国」です。(丹波、播磨、淡路、但馬、摂津)
四国のようにほぼ旧国がそのまま県になったような場所もありますし、
手話の出来方といいますか伝わり方がどこまで残っているか…非常に気になります。

とは言うのも、民謡や演歌などでは「地名がそこかしこに出てくる」例が多く、
「南国土佐を後にして/ペギー葉山」では土佐、播磨屋橋、桂浜と名所の名前が…。
「リンゴ追分」ですと「お岩木山」など…。

私も好きな「津軽海峡・冬景色」では「龍飛崎」

ごらんあれが龍飛崎 北のはずれと
見知らぬ人が指をさす


見事に地名が出ています。
これは「リンゴ追分」の歌作りのときに、ちゃっかり私の個人的依頼で教えていただきました。

私が民謡や演歌(ご当地モノ)を作る時、そういうその地域の伝統手話を入れておくと
歌い継がれる限り、手話も残ります。

そのやり方を使ったのが全国ろうあ者大会・京都でした。
京都の地名が山ほど入った歌を見事に手話歌として残っております。
これを見て、私はご当地手話を積極的に取り入れて作ることによって
伝統の手話を残していくちょっとした力になれるのではないかと思っております。

ただ、八重山の手話・沖縄の手話の時は、手話指導のろう者が少なく、
NHKの手話講座を利用して勉強をしている方も多く、
ご当地手話に明るい人には出会えませんでした。

こういう例もありますので、出来る限り急いでご当地ソングを通して伝統手話を知りたいなと思うのです。
ろう者が音楽が好きだとか民謡に強いというのは本当に限られたケースと思いますので
手話歌制作者として頑張って拾っていきたいなと思いました。

今回の金沢行きでは埼玉、山形、石川と知り合いが増えましたので
北信越の場合も攻めていければと改めて思いました。

九州は福岡、筑紫地方では確か炭坑節という民謡が。
頂けたチャンスは必ず生かして頑張りたいですね。


 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:言語考
Home >> 言語考 >> 手話言語条例と手話歌

手話言語条例と手話歌

興味深い話を聞いた。

この話は調べれば調べるほど…

手話言語条例の成立に何故頑張っているのか…?
この話の前に例として英語をあげよう。

「英語」は言語である。(しかも世界共通語“リングワ・フランカ”である)
多くの国々でも一応英語ができる人が居たりする。

さて、ここは日本だ。
日本語はもちろんいたるところに書いてある。
だが、駅や交差点など色々なところに英語やローマ字の記載が併用されている。
不思議に思ったことはないだろうか?

何故、英語表記が必要なのか?
「共通語だから」という答が返ってくるかも知れないので、質問を変えよう。

この国に韓国語や中国語が溢れてるのは何故だ?
スペイン語もポルトガル語もたまに見る。

「国際化しているから」という答が恐らく返ってくるだろう。

確かにそれもあるだろうが、それだけではない。

「言語」として認められているからなのだ。
現に翻訳者や通訳者は立派な職業となっている。

だが、「手話通訳者」は?
「福祉」という枠にはめ込まれ様々な縛りを受けている立場にある。

「ハリー・ポッター」を例にしよう。
私も持っているハリーポッターシリーズの第一巻

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
この本の著者はどなたかご存知でしょうか?

J.K.ローリングさん。
名前から見ても日本人じゃない。

では、訳者はどなたでしょうか?
松岡 佑子さん。

著作権とは翻訳物にも発生することをご存知だろうか?

翻訳者で「本の翻訳」を専門とする人のことを「翻訳作家」という場合がある。
つまり、原著の作家としてJ.K.ローリングさんがおり、原書を翻訳した日本語作品作家として松岡 佑子さんがいるのだ。

つまり原文のニュアンスを如何に日本語にして読み物にするか?というのは松岡さんの技術・センスである訳です。
逆に日本語の発行物を英語版にするとか日本語以外の言語にする場合はその翻訳者さんがいる。

最近、テレビなどでよくお見かけするトランプ大統領…英語で話している。
ニュースなどでトランプさんは「日本語」で話している。
その裏っ側には通訳者がいるんですね。

同じように日本の安倍晋三首相の発言はアメリカで見れば「英語」で話している。
これも裏には通訳者がいる。

ここで聞きたい。
通訳者や翻訳者は「福祉」なのか?
多くの人が違うと答えるだろう。
その理由は「言語である」という理由が大きい。

それに対して、手話通訳者は?
手話翻訳者…といっても動きがあるのでビデオ形式になるが
両方とも「福祉」とされる。

よく考えてみて欲しい。

作家先生は印税でご飯が食べられる。
翻訳者さんも同じく印税などでご飯が食べられる。
立派な仕事として認識されている。

それに対して「福祉=ボランティア」という感覚の強いこの国では
手話通訳者に対してそれで飯が食えるというようなシステムになっていない。

そのせいかどうかわからないが、手話を教える先生の給料も変に安かったりする。

府立高校での手話に関する授業だけを専門にやっていたとして約4,000円/コマ
手話講習会などの先生も1コマ6,000円くらい。
それはれっきとした仕事と言えるだろう。

だが、多くの場合は高いと思われる。
教育面や、行政委託事業だと高いのだが(普通の仕事の方よりは安いかも知れない)
民間やゲスト的な場合は非常に安くしか頂けない。

これで飯が食っていけると言えるのか?
無理だな。
極貧乏だな。

その理由は「手話は言語」と認められていないことにある。
多くの場合、言われるのは「手話通訳?」だし、
主催者が報酬を用意しなければならないとか“面倒くさがられる”

かくして、ろう者と聴者との溝は深いまま。

ある、お店に客が入ってきたとしよう。
ろう者の集団だ。
注文もまともに出来ないのならば、「もうええ、他の店行くわ」とならないか?

これはろう者のせいなのか?
お客に逃げられて困るのは店の方じゃないのか?

だが、手話に関しては何故か「ろう者のために」という感が強い。

確かに私もろう者なので「自分の求める要求」がなかなか通らないというのは困ることではある。
よくあるラーメン屋なんかで「麺の硬さ」、「脂の量」、「具材の量」などを選べる系のものは困る。
何故なら多くの店では「とんこつラーメン」としか書いてなかったり。
そのオプションでどうしますか?と追加で聞いてくる訳です。

自分が求めているモノになってるかどうか…本当にわからん。
まさに店におまかせ状態。

それで、不味いとか思ってしまったら、そんな店二度と行かないだろう。

ろう者にも困ることではあるが店としても常連客の確保に失敗したということに。

欲しいものを常識的な範囲(この場合はお店が行うサービス)の中で、
求めてはいけないのか?

ここまでならろう者の困る話であります。

一日何人来てくれたら店が回し続けられるという想定客数及び日単価というのが店にはある。
即ち、お客が減る=困ると考えたら、それは店が困るってことにならないか?

ろう者の多い島があるとする。
そこに店を開きたいと思って訪れるならば
まずは手話あるいはその代替手段が必要だろう。
何故ならそんな島は日本語というより手話が言語だからだ。
実際に幾つも例が世界中にある。

もう一つ、自分が手話歌を作る人間として、理解されなくて困ることとは何か?
権利がグレーゾーンすぎる…。

私が作る手話歌は「私の創造物」である。
元の歌に関しては元の歌の制作者に権利があるが
手話歌として作り上げたものは私に権利がある。

これは世に溢れている手話歌の権利は「全部私のものだ」と言っているのではない。
「私が考え、紡いだ作品は私の創造物だ。」と言っているに過ぎない。
従って、私が作ったものには制作者としての権利がある。
手話のカタチ…例えば「男」、「女」、「飲む」、「食べる」…のように普遍的なものは
日本語であっても著作権は認められない。

つまり、これらの組み合わせ、組み合わせ方や用法において創造性が認められるものは著作権が発生する。
日本語や英語など言語として認められているものは古くからその権利が認められている。
それに対し手話は言語として認められていなかったからこそ著作権以前に…となってしまう。
このあたりが現行の法律では考察されていないため“グレーゾーン”であるとなってしまう。

しかし、原則として「創造性をもって制作された作品は制作者に権利を帰する」ということに照らし合わせるならば
私の手話歌は私が翻訳したということで翻訳者と同様の権利を有することになる。

最近、そういった作品に対して軽々しく見ている方が私の周りにも居て、
非常に残念に思っている。

あ、例えば私が一青窈さんの「ハナミズキ」を手話歌にした。
それに対して他人が別の手話歌にしたことは問題ではない。

その理由として、「涙そうそう」の英訳版を最低でも2つ確認した。
原曲のほぼ直訳みたいなのとかなり意訳しているものと2つ。

どれがいいかと言うのはそれは相手(お客様)が決めることであって
権利とは関係ない。

そして、訳した人二人いることになるがそれぞれにその人が作った権利を持っている。
そして、訳した二人はきっちりと作詞・作曲はだれかを明記している。
しかも、これはカヴァーになっている。

そう考えれば私は私でカヴァーしたのであり、
カヴァーした人の数だけ表現があるのは当然。

「いい日旅たち」は山口百恵さんの名曲ではあるが、楽曲提供者は谷村新司さん。
山口百恵さんの歌い方がいいのか、谷村新司さんの歌い方のほうが良いのかは、聴く人が決めること。
だからこそ、谷村新司さんが歌う時は「セルフカヴァー」と言っている。

私が誰かのために作り上げた歌を世に出し、広まったあと作った私が歌うには「セルフカヴァー」と言わなくてはならない。
このブログでは書ききれないほどの内容を(現時点で相当書いているが)調べたり、教えてもらったりした中で
もし、手話言語条例が成立していたら?と考えると
現行上の著作権法及びその関連法に手話と入るので、
私が作った歌は最大の宝になる。(現時点でも私が作った歌は我が子のようなものだけども)

意外なところでこういった著作権問題が白黒つくのは手話言語条例だと、思い知った瞬間だった。


 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:言語考