スポンサードリンク

Home >> 私事 >> BASSを使ったリズムトレーニング
Page: 2/37 << >>

BASSを使ったリズムトレーニング

先日、福祉展が無事終了しました。
The Boomの「島唄」を視覚障害ピアニストの永野くんの演奏と歌声に合わせて歌わさせていただきました。
生演奏&生歌ならではのアレンジで、CD音源の版とは違い、
「でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た」のあとの暫くの間奏区間を省略。
曲のラストに「ララララララ・・・」とあるのですが、
ここは「島唄よ風に乗り (中略) 届けておくれ私の愛を」を高らかに歌い上げるパターンにしました。

視覚障害の方と、聴覚障害の方が一緒に音楽をやるというのはあまり例がありません。

ちょうど、福祉展に3年連続で来てくださっている京都の映画監督の谷氏からも
車椅子ユーザーでバンド組んでボーカルを手話歌(聴覚障害者)という例はあるものの、
私が今回やった組み合わせは初めて見たそうです。

とはいえ、演奏に関しては視覚障害の方は本来の音源から耳コピして歌うことが出来ます。
私の弱点はその音にどこまで乗れるか・・・なんですね。
生物学が立証、バンドで最重要なパートはベースだった

ベースがリズムを生み出す楽器である科学的根拠

この記事がタイムリーな感じで出てきたんですが、まさしくその通りかもしれない。

現在、私はロックスミスなるゲーム?シミュレーター?でエレキベースを実際に演奏をしています。
今までは「CHIMNEY/Yellow Moon Band」や「Do you Remember/The Horrors」、「Where is my mind?/Pixies」を中心に弾いていたのですが
我が友である神戸の聴覚障害ギタリストの岡本くんから「Smells Like Teen Spirit/Nirvana」もどうか?とあって、
最初はこのロックスミスの収録曲やダウンロードコンテンツ曲に無いため、どうしようか・・・と思ってた。

しかし、私は既にXbox360というコンシューマーゲーム機からパソコン(Steam版)に移行済み。
パソコン版ならではの利点は“Mod”が使えるということ。

即ち、自作したモノをカスタムダウンロードコンテンツ扱いにできるということ。
もちろん簡単に作れるものではないが、世界中でロックスミスは愛されているため
どなたかが作ったモノを「どうぞ楽しんでください」と提供していたりするんですね。

これはフライトシミュレータの世界でもアドオンという名前で本来は収録されていない「機体」を飛ばせるというのがあるんです。
もう既に古いソフトではありますが「マイクロソフトフライトシミュレータ2004(MSFS2004)」にて
伊丹から関空まで「零式艦上戦闘機32型」を飛ばしてみたり、
「三菱F-2(航空自衛隊)」で関空から波照間空港までマッハ2クラスで飛ばしてみたり・・・と遊べるんですね。
もちろん、実機と同じ操作をしなければならないので非常に難しいんですけど(^_^;)・・・

さておき、探してみると有志が作ったライブラリー内に「Smells Like Teen Spirit/Nirvana」があり、
苦労しつつも導入完了して暫くこればかり弾いていました。

そのお陰かわかりませんがリズムキープがうまく取れるようになっていて、
今回の福祉展でもリズムを上手く取ることが出来、歌い切ることが出来ました。

版権の関係でロックスミス公式が出していないダウンロードコンテンツであっても、
有志の方々が作った曲で「Communication Breakdown/Led Zeppelin」なども見つかり
早速幾つかやってみたいのを導入してみました。

人様に聴かせるような演奏の腕はありませんが、暫くはこれでリズムトレーニングもできそうです。

既にYouTubeでもアップしているものもありますが、私が作った手話歌を「私自身の歌唱」で公開できるようになりたい。
そのためのトレーニングでもあります。

(ちなみに私のYouTubeチャンネル名はNightfoxHQです♪)


「Smells Like Teen Spirit/Nirvana」を知らない人のために埋め込みで貼っておきます。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:私事
Home >> 私事 >> 偉大なるベーシスト

偉大なるベーシスト

私はベースを触ります。
一曲弾けるわけではないので“触ります”と言っているんですけども、
聴覚障害を持つとリズムキープがしんどいということで、
ロックスミス2014(Xbox360版からの移行でPC/Steam版)をちょいちょいやっています。

【Chimney / The Yellow Moon Band ベーストライ】や
【Where is My Mind? / Pixies ベーストライ】など
いずれもXbox360版で5年前という古い動画ですが…頑張って弾いていました。

更にギタリストの友人に「ベースだってギターみたいに弾く人が居るんだよ」と教えてもらったのが
ビリー・シーン先生。
タラス、ナイアシン、Mr.BIGなどのベーシストとして活躍している人。


そして、幼馴染から紹介いただいた「SHO」さんこと、「天野SHO」さんの演奏をようやく見ることができました。
この人も私は「ジャパメタ」というジャンルを不覚ながら知らなかったんですけども
これまたスゴいテク。

FLAMEのマスターも「ジャパメタ」界では知る人ぞ知る山崎浩一さん。
「DANCER」や「KRUBERABLINKA」のベーシストをやっていた方。
凄腕のベーシストというものを生で見たことがなかったのであのプレイは圧巻でした。
一番ビックリしたのはベース弾きながら歌うって今まで見たことがなかった。

素人中の素人ですが見てて感動するほどのベースライン。
歌は流石にわかりませんでしたが、もう釘付け。

私はどこそこの有名人みたいなのには一切興味はないんですが、
テクニックや魅せてくれる演奏は純粋に楽しみたいし、出来ることなら少しは近づきたい人。

私はデビッド・ボウイの「The Man Who Sold the World」を最近クルマの中でガンガン流して楽しんでいます。

車で聞いているのはニルヴァーナ版ですけど。

また、自分のテーマソングとして好きなのがジョン・ボン・ジョヴィの「ブレイズ・オブ・グローリー」

やはり、ロックが好きなんですね。私。
音楽は幅広く好きではありますけど。
ロックはやっぱり好きです。

今日は風邪を引いててちょっとしんどかったんですが、無理をしてでも見た甲斐はあった。

正直、震えが来るほどすげぇです!!

また見る機会があればもう一度見たい。

このような機会に出会えたことに感謝。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:私事
Home >> 私事 >> 幼馴染と新しい友達

幼馴染と新しい友達

色々なことに日々挑戦を続けている私です。
末弟に「まだ誕生日のプレゼント買ってないねん…何か欲しいのある?」と聞かれ
色々欲しい物考えてみた。

いつからか私の家では兄弟で誕生日プレゼントの贈り合いをしてるんですよね(笑)

いつもはそれぞれが趣向を凝らして考えて用意するんだけど
今回は珍しく末弟が聞いてきたんですね。

いざ、欲しい物となるとなかなか思いつかない。
既に頭の中が手話歌や音楽のことでいっぱいだからかも?

職業病かも知れないね(苦笑)
やっぱり音楽はやるっていっても基本は「手話歌制作家」で、たまにボーカルやるくらい。

なので改めて聞かれると「PAアンプ」だとか音楽に関わるようなものを考えちゃう。
でも、毎年贈り合うプレゼントにそんな高いものは貰えないし、貰ったらお返しが大変(苦笑)

一番欲しいのは「仕事」かも?
金額関係なしなら大型バイクやラムトラック…4代目ワークステーション“要塞”…
調光卓も欲しいし、フェンダーのジャズベースとか…どれも金額がちょっとね。

しかも、そんなもん貰ってしまったらそれを超えるお返しが難しくなる(汗)

スポンサー様とかがいて、「俺新しくこういうの新調したから良かったら今までの要る?」とかだったらまだしもね。


そういう訳で大人の玩具的にこういうのを貰いました。
チャイナ製で安物とはいえ4000lm1080p対応。


スゴいことに、さすがは4000lm…私の家のリビングは明るめなんですが、光源そばでも見える。
センターにピントを合わすと縁側は少々ぼやけるが玩具として考えると非常に面白い。
手話歌をやる上でやってみたかったことを試せる

今までも買おうとしてたけどエプソンとかキャノンのようなモノはやっすいヤツでもいい値段する。
今は、耐久性や品質的にはこれらには負けるけどかなーり使えるものが1万円以下。
中古やジャンクを見てきたけど、どれもがリスクを持ってて、試験運用の前に失敗した〜となると痛い値段するんだよね。
モノが無いと試験的にも運用できないし、どうしたものかと思っていたんだけど…
なかなか良さげなのが今は安く売ってる時代になってたんだね


そして昨日…もう一昨日になりますけど高槻市はFLAMEというバーに幼馴染に連れられて行かせていただきました。
ここのマスターは音楽に熱く、自分の愛用のアコースティックベースを「ベースやるんだって?弾いてみて」と言って頂き
弾かせてもらったんだけど…見事に最近サボっていたせいでフレット位置間違えた(汗)

ベースやる時は自分は指弾きなので爪はめっちゃ短くしてるんだけどこの日はちょっと伸びてた。
マスターの「ちょっと手を見せて」…で爪がちょっと長くなってしまってるのバレた。
そしたらマスターは爪が引っかかる状態でもこんな方法でやっても良いと
サムプル…いわゆるチョッパー奏法を見せて下さいました。

アコースティックベースを実際に弾かせてもらったのも初めてなら、
人前で弾くというのも初めて(これは本当なのです)

練習はしっかりしておかないといざという時、失敗するなぁ(汗)
私の演奏を見て、ハードロック系だねと見抜いたのもスゴいなぁ。

もっとも、ベーシストとしてはすごい過去をお持ちの方でして
「俺、コウイチ、君、コウジ〜1と2だよ〜」と言ってくださったのも嬉しい。

ちょっと厚かましいお願いでしたが、ここではノンアルでコーラを頼むとビンのを出してくれるので
一本空瓶貰って帰りました(笑)
アートフォトの素材に使える…ビンならではの色が綺麗でね。
最近はめったに見られないのでテストショットですがこんなふうな写真早速撮りました(笑)

間違ってしまったのが悔しいので昔のですが、本当はこれをやるつもりだった曲をここにあげておきます♪
Chimney / The Yellow Moon Bandが本当は弾こうとしてたやつ。
また、遊びに行こうと思います(笑)
今度弾いてと言われたらこれをちゃんと弾けたら良いな。
マスター、これからもよろしくお願い致します♪

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:私事