スポンサードリンク

Home >> 手話歌考 >> 音楽の…???な部分。
Page: 1/132 >>

音楽の…???な部分。

音楽の「どういうこと?」と思う部分がたまに出てくる。
例えば楽譜の中に“休符”があるとどうなるのか?ということ。

答え:演奏しない。

そりゃまぁそうなんだけどさ…ずっと休符の曲まであるんだそうで。
日本語で正しく認識しようと思ったら「間」というのが非常に理解しやすい概念だそう。

つまり、音楽が止まるのではなく流れている。
その部分の音は出てない。そういうことだ。

この部分、健聴者も聴覚障害者だろうと関係なく平等に音は出ていない。

だが、音楽は流れているということ。

手話歌において、歌詞がない=手話がないといってもいいんだが、
視覚表現である手話歌ではあまり長い間は「無い」ことになってしまう。
音はもちろん流れてはいるが、見えない。

例えば、ギターソロなどが入る場合は弾いているシーンが見える訳だ。
つまり、お客様からして、終わったとかそういうふうに思わず、「続いている」と見える訳である。

それに対して、CDなど生演奏ではない場合はスピーカーからの音によって健常者は音楽が流れているとわかる。
聴覚障害者の場合はどうするのか?わからない。

昔流行った、サウンドバー?や照明のアクションで音楽が流れているんだよと感じてもらわねばならない。

ハコならともかく、そうでもないところ(照明設備なし)であるとどうすればいいか悩む。

一番ダメなのは棒立ち。
せめてスイングしてほしい。

懐かしの映画…シガニー・ウィーバーの「天使にラブソングを」を見た。
ゴスペルとしてのリズムパートは身体をシェイクしている。
歌う時は思いっきりだけど、間奏などの時はシェイクだな。

ワルツな曲だとステップ踏むのも良いかも知れない。

歌に対しての想いを寸劇のように表現するのも良いだろう。

だが、これについて思うのは、イメージが掴めていないと大根役者になってしまう。

これから夏がくる。
砂浜を駆け出して海に向かうところとか、
線香花火の儚さとか、
そういうのをやってみるのは如何だろうか?と思わなくもない。

子供時代やアオハルな時代を忘れてしまうと表現しづらくなってくる。

だいぶ昔だがバスタードという漫画があった。
ヘビーメタルなバンド名などが国の名前だったりする剣と魔法の世界だ。
あの漫画が連載中の時は魔法を使える体裁で呪文を唱えてみたり。

魔法って現代科学にはありえない事になっているけれど、
効果などはきちんと科学に基づいて出来ている。

オカルトかも知れないが魔法陣というものが世界のあちこちにある。
ここにないものを呼び出そうとするならば魔法陣を敷くなり、念を込めるなりするだろう。
例え、それが実際に起きないものであったとしてもなりきることが大事なのではないか?
これは漫画バスタードにでてくる魔法障壁(バリヤー)の呪文の発動シーン。

詠唱:エレエレナムメイリン
    精霊よ 我が盾となり給え

覇者霊陣「ストライ=バー」

これで障壁が完成する。

よく考えればお経だって祓詞だって呪文じゃないか。
印だって結ぶし。
これを、嘘だの適当だの思ってない訳だ。
どういう意味かはわかっては居なくても有り難いものだだとか。

あり得ないものを信じてるということが出来て、想像ができないというのはおかしくないかな?

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:手話歌考
Home >> 手話歌考 >> バーチャルで体験する。

バーチャルで体験する。

皆さん、お家に居ますか?
不要不急の外出を控えるようにしていますか?

でも、家にずっとこもっているのもアレなもので、
「コロナ鬱」というものも流行っているようですよ。

これを聞くとやはり人間、コミュニケーションを取る社会生物なんだなぁと思う次第。

色々バーチャルで楽しむってのもありかなぁ?と思います。
とはいうのも、「アサシングリード」というゲームがあるんですが、
これの“オリジンズ”というのは時代設定がプトレマイオス朝エジプトな訳なんですね。

このゲームを作るにいたって、製作者側はものすごく時代考証を頑張ったというね。


これは、youtubeでも軽く体験ができるようにアップされてますのでご紹介させていただきます。

ちょうど古代エジプト…あの有名なアレクサンドリアの街並みが見れるんですよ。
ゲームの世界では大図書館もあり、ギザにはあの三大ピラミッドが堂々とそびえているんですね。
リアルでは図書館無くなってますし、ピラミッドは風化してボロボロですけど。

古代文明には自分も結構目がない方でして、今は見ることもかなわない時代を想像したものです。
バーチャルだと本当に感動するくらい大きな建造物や生活の有り様を見ることが出来る。

こういった経験もやはり、想像力へのスパイスになるんだなと痛感しますね。
何よりもスケールが半端ない。

18メートルのロングボディのトラックと言われてもピンとこないでしょう。
でも18メートルロングボディのトラックを見れば「おお!!!でかい!!!」と思うでしょう。

人間って数字や言葉で言われてもピンとこないくせに、実際の数字の長さなどを見ると、
「げっでかいやん!!!」とか驚くんですよ。(だから、でかいと言うてるやんと心のなかでつぶやく私)

なので、観察とか研究って大切なんですよ。
手で再現していく訳なんですから。

みなさんも、お家時間の間にバーチャルで旅しましょう!!!
きっとそれを手話で表現しようとするとものすごく伝わる濃い表現になると思います!!!

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:手話歌考
Home >> 手話歌考 >> 文章とイメージ

文章とイメージ

手話歌を作るにあたってイメージを思い浮かべるのですが、

文章に引っ張られアタマで理解しようとする人がやはり多いと思うのです。
特に、作る方はイメージを確立させているのに、そのイメージを“共有できていない”ことは多いですね。

動きにカッコつけるというのは、まぁあっても良いんですが、
意味から遠いカッコつけほど見ていて“意味がない”ので“痛い”のです。

私、コロナ禍でかなりのスランプに陥りまして、制作物も“棒読み”のような作品になってしまっており、
これではいけないとリハビリに励んでいるのです。

私の頭の中のイメージは数々の映像作品やゲームの世界、多くの知識、経験で構成されているのだと感じます。
40も過ぎて“厨二病”ではなんだかなですが(苦笑)

ですが、シャーマニズムにおける“見えざる力”や不可解な現象などもイメージには重要な意味を持ちます。

自然と共に在るならば自然に学びます。
風や光、水の動きなどは学ぼうと思えば学べるのです。

そして、錬金術をやっているような動きから見えてくる“なにか”


この画像を見て手で再現する。


こちらは火の玉のようなものですが青い。

手で表現する中でこのようなイメージをアタマに浮かべたまま手を動かすことと
“青い火の玉”と考えて手を動かすことは似て非なるものです。

これを、説明する時に日本語音声や文章で説明することになる。
受け手に想像力がないと実は“それっぽく見えるだけの何か”でしかないのですね。

陰陽術や、錬金術、魔術を実際に使えると思い、使ってみせる。
これは実際に発動しては非常にデンジャラスではありますが、「それくらいの気持ち」が大事です。

私は手に火を載せたことがあり、火球を発動させました。(勿論タネはありますよ)
ちょっとした手品なんですけどね。

本当にそうなると思ってなければ相手に信じさせるのは無理です。

ドラゴンが描かれたカードの上にドラゴンを立体化させる。
普通は無理でしょう。
ドラゴンのフィギュアをカードに載せるのは?
出来ますよね。
その状態を再現してください。

簡単なことなんだけど出来ないのはアタマで考えているからです。
考えるのではなく視るのです。

ジャンルを問わず映画(動画)を見て研究。
日々研究が大事というのはそこです。

歌詞の文章やその手話表現の説明に近い映像を探してください。
そして、それを再現してください。

それこそが深みのある手話歌作品の元になります。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:手話歌考