スポンサードリンク

Home >> 聴覚障害関連 >> Kレポート 健聴者の視点から(その2)

Kレポート 健聴者の視点から(その2)

さて、今回は前回の続きです。
この回は、口が読める方の私にとっても非常に関係があります。

=====
Cは肺活量も小さければ声量も小さい。話すときの唇は大きく動かさない。
AはCの読唇を6割はしていた。
それで8割の理解をするのは、脈(バイタルのことではない)や気質も思考をも瞬時に組み込むから。

BはCの読唇だけでなく全般に苦手。
それでいて、気質や思考を知り得ていない初の接触で、3割の理解するのは、
脈(肌感覚みたいなことかな?)を気質や思考傾向よりも高く使えているとはず。
AとCの足りない2割を補えるBの3割ということだ。

聴こえないとき聴き返すが、ここで言い直す聴こえる人は、母音を強調してしまう。
すると、聴こえない人は更に聴き返すことになる。
この場合の聴くは声ではなく唇と舌のことだ。子音を聴き返していたのだ。

これは、子音から単語を探すのと、母音から単語を探すのでは、子音からの方がより近い単語にヒットするためだった。
アクセントの位置も聴こえないため「あか」が「赤」なのか「垢」なのかも単語を一つでは選別不能だが、
「たこ(蛸や凧)」と「かこ(過去)」の母音は同じ子音が違うので、
子音を読みたいが、子音を読まなければならないことが困難だと教わった。

子音は発生する直前の唇と舌の動きの組み合わせ・・・
えぇー、母音は何かと意識したことがあるけれど、
子音のために唇と舌がどんな動きをしているか考えたこともないと、気が付かせていただけた。
音声入力や音声認識のその前に、読唇認識人工発声の開発が先だったのではなかろうか。

=====

これを読んで思い当たるフシのある方は少なくないのではないだろうか?
私にとって「あいうえお」の母音は余裕。
よっぽどモゴモゴされなければ母音の判別は容易い。

だが、上記のレポートにある通り、多くの方は「語」を大きく出そうとするか、
母音を強く表す方が多い。
私が常々困るのはどの行の言葉を使っているのか?だったりする。

「き?」「し?」なんてのは多い。
私の家族の中では末弟が一番読みやすい。
これは子音を明らかにする必要があるのだとよくわかっているのだろう。
両親や次弟ではなかなかそこまでスムーズには読みづらい。

もちろん末弟に対しても100%はないので私の家族ではどうしても読めない時は「指文字」を使う。
私が「???」となっている時に指文字で「し」だの「き」だの表現するわけだ。
あいうえおの母音は既に読めているのでアタマの一語目が「き」だの「し」だのやってくれると
一気にクロスワードの虫食いがうまる。

ただ、新しい言葉など私の辞書に無い言葉の場合は全部書いてもらうほうが良い。
流石に何を言いたいのか想像もつかないからだ。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連
Comment