スポンサードリンク

Home >> 手話歌考 >> 目は口ほどに物を言う

目は口ほどに物を言う

最近、かつて作った過去作品の復習として、
改めての指導をしている。

その中で、やはり…と思えたことを書く。

そうです、今回はタイトルの通り「目」なんですね。

誰もが表情を持っている。
寡黙だとか無愛想だとか言われがちな人ですら様々な表情を見せる。

だが、不思議なことに「手話」学習者などは表情が非常に乏しく見えるのだね。
日本人は表情があまり変わらないと言われる。
実に「手話学習者」が集まる手話サークルなどではそれが顕著に出ている。

表情は「非言語コミュニケーション」である。
多くの人は自然に表情を顔に出している。
だが、手話の場合は物足りないと思うことが多い。
それは何故だろうか?

聴覚障害者で手話を使っている人の多くは表情豊かだ。
だが、聴者は乏しく感じる。

ある例をだそう。
笑顔でいるんだけど何か怖く感じる人がいる。
それは何故か?

「目が笑っていない」という言葉を聞いたりしたことはないだろうか?

手話表現は本当に「表情も込み」で完成する。
いくら笑顔であっても「目が笑って」いなければ何か怖く感じる。

手話歌とは限られた時間の中で心情などを演じる小芝居のようなものだ。

「泣け」といきなり言われてすぐに涙を流せるだろうか?
私は出来る。

「目は口ほどに物を言う」とは先人の言葉。
よく言ったものだと思う。

目には表情がある。
目の形を変えるという(見開いたり、半眼になったり)だけではなく、
ピント位置を変えていくようなことでも表情となる。

これはどうすればよいのか説明が難しいので手話講師でも視線までは教えても
「目の表情」までは教えない。
私も、どういう目をしているのか自分でも見えないので「こう!」とは言えない。

なので、結局は「イメージ」を作り、その世界観に入り込み、
その時その時の気持ちになるしかない。

現実は「悲しみ」、「切なさ」を抱いては居ない。
それでも、歌の間はその想いにならばければならない。

ドラマや映画のワンシーンで「感情」を演者は演じているだろう。
例えば大切な人を亡くして「号泣」するシーンがあったりすると思う。
その時、演者はそう都合よく大切な人を亡くしたりしてる訳ではない。
だが、それを実際に「そうなった」ように演じきる。

実際、ドラマや映画を見ていて感情の演技において“大根”な役者も居る。
アイドルなど役者ではない人をキャステイングしているときなどでは、
そういった“大根”ぶりが見え透いてしまう。

手話歌の場合は尺の短さもあっておざなりになりやすい。
その感情の部分は数十秒しか無いからなのだが。

だからこそ、手話の手の動きに加え、視線の振り方で終わってしまいやすい。
だが、想いというものは瞬間で出すことは出来、それを目の表情として出すことも出来る。

それが出来なければ本来の手話歌の心情描写が不足し、なにか違和感を感じる
そんな表現になってしまう。

指導していて思うのは「型」としてはそれなりに良く出来ていても
そういう「感情の“フリ”」で終わる場合が多い。
なりきらないと、演じきらないと伝える表現がやはり薄っぺらになってしまう。

手話歌に限らず、手話で会話をしている聴覚障害者の多くは割と熱演そのものな表情の豊かさがある。
手話学習者の皆さんも、是非そこに注目してほしいと思う。

この方は「NCIS」というアメリカでのテレビドラマシリーズに出てくる登場人物の一人なのだが
このシーン、目が何かを、心情を演じていることに気がつくことが出来るだろうか。

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:手話歌考
Comment