スポンサードリンク

Home >> 手話歌考 >> 音楽とは

音楽とは

最近、音楽とは?と考える。
いや、昔から音楽とは?と考え続けてはいた。

手話歌を見るとなんだかずれてるように思うのだ。
ソロで歌うのと多人数で歌うのとでも違う。

歌は音源なしでも「アカペラ」という歌い方が出来る。
乱暴に言えば「鼻歌」でもアカペラだ。

このことについて実際のバンド構成を基に考えてみようと思う。


レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
 


私がロックへのスタート地点になった、「レッド・ツェッペリン」
 


日本のグループでは好きなバンド「THE ALFEE」

好きなバンドを挙げていくとキリがないのでとりあえず上記の3つ。

ドラムが居てベースが居てギターが居てボーカルが居る…そんなバンド構成を皆さんも考えると思う。
どこかで楽器を演る人がボーカルを兼ねるときもある。

THE ALFEEはベース、ギター、ギターという構成だ。
もっともサポートメンバーとしてドラムなどが入る場合もあるが。

誤解されやすいのだが基本の4ピース構成の中にボーカルが居る。
即ち、ボーカルは声という楽器を使って演奏に加わるのだ。

どっかで勘違いしているやつ多いんだけど、楽器の3ピースはカラオケ音源ではない。
その演奏に声という楽器で参加するのがボーカル。

声楽というのがあるように、「声」だけで表現していく曲がある。
ちなみに楽器を使って表現していくのは「器楽」
声楽は人間の声だけで「楽器」となると言っていいだろう。

さて、手話歌の場合はどうなのか?
私は手話歌歌手はボーカルであると考えている。
声という楽器ではなく手の動きを楽器化していると思って欲しい。

ここで手話歌を演る人の多くが誤った考え方に陥る。
歌声に合わせて歌う人が非常に多い。
それは違う。

先述の4ピースバンドはドラムとベースがリズム隊だ。
ギターはメロディラインを担当すると思って欲しい。
ボーカルも同じだ。

と、なれば合わすべきは何の音か?
ドラムやベースに合わせるというのが正解。
それでやっとまともに歌えるということだ。

楽器を使う人にとって誰か別の楽器と一緒にやる時、
「気持ちが悪い」と思う瞬間がある。
音があっていないからだ。

手話歌の場合は声というのがあるためボーカルが2人いる感じと考える。
声のパートと手話のパートだ。
同じものをボーカルで表現する場合「ハモリ」が必要だ。
声が聞こえてから手話歌をスタートさせるとどうしてもずれる。
声は楽器のリズムに乗って発声しているのだが、手話はそれを視覚化して表現している。
ずれるということは手話という楽器がその音楽に合っていない。

私も聴こえには限度があるため、説明は難しい。
しかし、リズム隊の音を掴んだ上で見ると「ずれている」、「合っていない」と感じる。
即ち「見ていて気持ちが悪い」のだ。

恐らく歌として聞いていてもCD音源であるならばその歌声は合っているし
ハモってもいるんだろう。
手話だけがハモっていないならそれはやはり気持ち悪いことに。
人数がいるとその傾向は強くなる。
ブラー効果みたいに微妙なズレのままボーカルパートが続き
最後の決めみたいな部分でやっと揃う。

これは歌っているのではなく歌声を聞いてから動いているのだろうと
見ていてわかる。

リズム隊の基本になる軸の音に従い発声と同時に手が動くような…
それが手話歌でも「ボーカルとして参加」と言えるのではないだろうか。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:手話歌考
Comment