スポンサードリンク

Home >> 聴覚障害関連 >> 使い捨ての透明マウスシールド

使い捨ての透明マウスシールド

やはりここ最近は何かがおかしいですね。
大雨がずっと続いたと思ったら、大阪でコロナ感染者が発生。
検査の数も増えてるからかも知れませんが、それにしてもいつになったら収まるのか?
コロナウイルス自体は珍しいものではないらしいんだけど、
今回のは非常にたちが悪い。
もう8月だというのに「梅雨明け宣言」もまだだし、
昨年の今頃だと既に暑い状態なのにいまだに夜涼しい。

ともあれ、自分のほど近いところでコロナ感染者が発生しているという現状を受けて、
自主的に自粛(?)しております。
あまり外に出ないってことですねぇ。

相方が見つけて持って帰ってきた透明なマウスシールド。
ヒゲぼうぼうで疲れた顔してるけどそこは気にしないで(^_^;)
これは何と使い捨てです。
流石に一回一回で捨てるにはもったいないと思うんですが、
一体成型で、いわゆる顎の部分に当てる別パーツがありません。


こちらを見ていただくと違いがわかるかなと思いますが
要はプラ板の成形時に顎の部分も一緒に形作っている訳ですな。
まさに、プラ板とゴム紐だけで出来ております。

使い捨て透明マスク マスケットライト 耳掛けタイプ 30枚入


上記の製品だそう。
別体のプラパーツと合わせたモノよりもシンプルに出来ています。
なかなか軽く出来ていて、つけ心地はそんなに悪くない。

ただ、使い捨て…と書いてあるし、触った感じはコンビニ弁当のあの透明な蓋。
透明感は素晴らしく宜しいといえば宜しいのですが、一回使ってポイとなるとちょっともったいないかなぁ。
何度か拭いては使い、そろそろヤれたわという時に捨てるなら良いのかも知れない。

最近、プラゴミ問題でコンビニですらも袋は有料化になりましたからね。
そんな時代に、これを一回使ってポイというのは時代に逆行しているのでは…な感じもしないではありません。

軽くて透明感の良い製品ではありましたので、ここぞという時はアリかも知れません。
nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連
Comment