スポンサードリンク

Home >> 言語考 >> 正確には手話ではない手話たち

正確には手話ではない手話たち

最近、手話に関しての考えを各所で述べるようになる機会を得ました。
私のスタンスを先に述べておきますと手話は「日本手話」という派です。
更に、この日本手話は「日本語」、「英語」、「フランス語」、「中国語」、「マレー語」、「スワヒリ語」など
世界中で使用されている「言語」としての位置づけは同列としています。
即ち、「日本語」に音声や筆記という表現方法があるので「手話もまた(言語の)表現方法だ」という方もいますが、
これは「言語の“表現方法”」であって“言語そのもの”ではありません。

この複雑かつ多様化した現代社会において「言語」が担う役割も非常に重要になっておりますが
日本語としての「言語」と手話としての「言語」は同等かつ別物と理解ください。

最近はGoogle翻訳などで言語の違いによる意思疎通の敷居は下がってきている感はありますが、
アメリカ在住時に英語ならではの言い回しを日本語で理解することが難しく、
私の母国語である日本語を英語へ置き換えるのも難しいケースはたくさんありました。
手話も同様です。
文章通りに手話翻訳すると意味が通らないということはザラにあります。

しっかりとした「理解者」が翻訳する場合は意味が通じる翻訳ができます。
これは日本語→英語→日本語といった逆翻訳をやってみればわかります。
直訳では意味が変わってくるということがね。

ですので、手話も表現を考えるとき、日本語から離れる必要があります。

そこで、正確には手話ではないんだけども、私のような聴こえない人と聴こえる人が意思疎通を実現した例を下記に述べます。
今回は数多くある意思疎通の中から「趣味性の強いもの」を例に出したいと思います。
仕事の場合は勤務上「必要」だから「ある」のですが、「趣味性の強いもの」は別に「必須」ではありません。


この写真は1990年当時の日本GPでのマイケル・ドゥーハン選手です。
搭乗しているマシンはホンダNSR500、ロスマンズホンダチームから出場しました。

この時代は市街地では暴走族、峠や埠頭などでは走り屋という集団が居た頃です。
私もその例にもれず、走り屋をやっておりました。
どういったものかというと“公道レーサー”ですね。

確か当時は16になればバイクの免許!!!で、私の世代なら先輩から後輩までガンガンバイクに乗っていた時代だと思います。
ここでは走り屋がどういうものかという話ではなく、“意思疎通”にどうしていたか?がテーマです(汗)
(危うく脱線するところでした:苦笑)

関東だと「いろは坂」、関西だと「六甲」、「南港(N港と記載)」など。
聴こえる人も聴こえない人もめいめいに一箇所に集まって走ってるんです。
まぁ「公道レーサー」の時点で道交法違反ですから「違反は違反」ですが、
お互いに「ここではこうする」、「こんなときはこうする」というローカルルールを決めています。

サーキットと同じようなことを一般公道でやっているのですから転倒する人も勿論います。
ひとたび転倒が起きるとギャラリーも含めて一般車両を止めたり、転倒車両を回収したり、
奇妙ですが一種の“連帯感”がありました。
そこには「聴こえない」ことは関係ありません。
「上手い」か「速い」が答えになります。

そうなると何が起きるか?といいますと自然とバイク談義みたいなのが始まるのですね。
どう走れば速くなるか?など…。

ちょっとした実験なんですけど聴こえる方と私の居たバイクチーム自由騎兵のメンバーでサーキット当てクイズをやりました。
当時の鈴鹿は8時間耐久などで東の富士(スピードウェイ)、西の鈴鹿(サーキット)で有名でして、
そのコースレイアウトを手を使って表現。
親指が上で頭も兼ねて指先はフロントとして動かします。

聴こえる人だろうと聴こえない人だろうと差はなくどちらも答えることが出来ました。
つまり、この手の動きはバイク乗りであれば基本的に同じイメージを持つということですね。

また、コーナリングのときの状態をたった一つの手で表現していきます。
前輪荷重、後輪荷重もあるし、アクセルワークはエアでアクセルのひねりを表現しますし
ブレーキの掛け具合もエアで表現します。

私の場合はメカニック系(走るのはそんなに速くない)だったのであらゆるパーツを手で表現。
今は無きバイク屋さんのメカの兄さんや走り屋の常連さんたちとはこれでほぼ通じていました。

多くの人はブレーキ=自転車のブレーキレバーをイメージします。
私たちメカの方になると「ブレーキ」はブレーキを掛ける動作のことであり
ブレーキそのものを意味しません。

バイクにもあるブレーキレバーそのものは同じ動作ですが、
パーツとして「(ブレーキ)マスターシリンダー」、「(ブレーキ)ホース(オイルホース)」、「(ブレーキ)キャリパー」、「(ブレーキ)パッド」、「(ブレーキ)ディスク」
もっと言うならキャリパーユニットをバラすので「キャリパーピストン」など細部の部品も表現します。

こういった話を手を使いながら話すとお互いがよく分かるため次回からはその表現が活用されます。
ただし、分かる人同士でないと通じないので非常にローカル的で、ワークサイン的な表現ではありますが
手話かと問われれば手話みたいなものではありますけど「厳密に手話」とは言い切れない。

今回はバイクの話を例に上げましたが、同じものをイメージ共有出来る環境下にあると手の動きで通じ合える。
逆に言えるのは如何にイメージを共有化出来るかが大切だということ。

逆に日本語話者同士、英語話者同士、手話話者同士であってもイメージを共有できない限りは“真”に通じ合うことはない。
なまじ、「コトバ」が通じてしまうから行き違いが起きるし、起きていることにも気づかないのであろう。

大事なのは互いに「伝えよう」という思いだと思う。
そのための手段が言語のもととなったとも私は思っている。

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:言語考
Comment