スポンサードリンク

Home >> 言語考 >> 日本手話と日本語手話

日本手話と日本語手話

最近、再び「日本手話」、「日本語対応手話」という違いについて「それとこれは別」という論調が見受けられる。
正確には「ろう者向け手話」、「日本語対応手話」の違いかな。

まず、最初に言っておくべきは「手話は言語である」ということ。
日本にある手話は全て「同じ“手話”という言語である」ということだ。

勘違いしている人が多いのだが、「ろう者向け手話」という言い方は“時として失礼に当たる”ことを忘れてはいけない。
「日本語対応手話を理解できない」=「日本語能力が低い(国語力がない)」と言っているも同じだからだ。

確かに、手話をメインに使用して長い高齢ろう者の手話は「日本語に訳すこと」が難しい。
同様に、日本語をそのまま手話に置き換えて「訳せたか?」というと非常にわかりにくいことも多々ある。

本来は「日本手話(JSL)」であり、それ以外はない。
例えば「日本語対応手話」というのは「日本語話者」の発言を「同時通訳したもの」と考えて欲しい。

講演の時などは、どうしても丁寧な話し方になる。
普段が日本手話話者であっても日本語対応手話に近い表現が増えてくる。
また、同様に日本語話者が話すことを「聞いて直ぐに通訳をする」場合、日本語対応手話に近づいてしまう。

個人が自分の意志で話す場合はもちろん日本手話の比率が以上に多い人でも、こういったケースだと格段に日本手話は難しくなる。

手話そのものに「敬語表現」がないことも大きな要因である。
(注:敬語に相当する手話がないだけで“敬意がない”または“丁寧な表現”が出来ないわけではない。)

健常者でも居るんだが、普段からぶっきらぼうな会話しかしていない人は改まった席を苦手とする。

高齢ろう者に多いのは「必要なこと」を「シンプルに伝える」ことを重視している。
よって、日本語の流れというよりは“イメージ”をそのまま手話で再現すると思って欲しい。

手話表現において、手話表現の前後する状況は「中国語」のようだと例えることが出来るかもしれない。
「春眠暁を覚えず」という日本語文を中国語(漢詩)で表現すると「春眠不覚暁」となるように。

また、手話に関する講演でも度々出ているが「押し花」を「押す+花」であると日本語としてはその通りだが、
文字通りにすると「押したあとに花が咲く」という表現となる。
この場合は「押し花」ではなく「花押し」とし「花+押す」とやったほうが完成物に対するイメージが正確になる。

会話においてはいわゆる日本手話でも通じる限りは問題はないが、
日本音声(或いは原稿読み上げ)の場合はこのやり方では苦しく、どうしても日本語の並びに影響される。

このような前提や実情がありながら、日本手話、日本語対応手話と分けることがおかしい。

あくまでも手話というものは一つであり、用法において“砕けた用法”と“堅苦しい用法”との幅があり、
その幅が完全に日本語文法のルールに従っていないものを“砕けた用法”とすべきであり、
逆に、講演や指導におけるお固い話には“堅苦しい用法”を使うと考えてもらいたい。

そこにはイメージ重視の砕けた用法と丁寧さを重視した堅苦しい用法という両極端があって、
その段階に応じて身振りに近い(イメージの再現)から日本語の文脈に沿う(日本語の再現)表現まで幅があるのだ。

私は手話歌制作家ゆえに、歌を手話歌にしていくのが仕事ではあるが、
歌詞そのものが通常の日本語ではなく、「比喩」であったりなどで単なる直訳ではおかしくなってしまうものが多い。

そんな状況下であるから「イメージ重視」で作っていくため、日本語通りの手話の並びにはならない事が多い。

また、音楽は芸術であるため「美しさ」というものも必要である。

実際の演奏の中でもいわゆる(ギターなどでいう)コード弾き(和音)でのドレミファソラシドでも音楽として成立するが
ノート弾き(単音)での演奏で弾くとドレミファソラシドに幅が広がり、
7音が何通りもののノートで演奏するため雰囲気はガラッと変わる。
単純にコードで弾くよりも幅がある分、音の広がりが広がるのだと私は思う。

これも一つの例だが小学校で習うリコーダーはソプラノ。
音域がソプラノの位置。
中学校で習うリコーダーはアルト。
音域がアルトの位置となる。
また、楽器によっても同じドレミファソラシドでも聴こえ方が違うので
この究極の形がオーケストラとなるのではないだろうか。

手話歌も同じで、意味は同じ手話は数あれど、この歌にふさわしい表現というものがあり
この組み合わせや、動き方によって雄弁に、または華麗にと様々に見る人に伝える印象が変わる。

私が手話歌制作家として腐心しているのはその歌の魅力を如何に表現するかなのです。
なので、どうしても時間はかかるし、聴こえたとおりに手話をすればよい(通訳的に)のではないので
覚える練習もしなければならないし、研究や観察など積み重ねてこそそれが実現できる。

改めていう。「手話は言語である」
そこには日本手話、日本語対応手話という区別はない。
あえて言うならばどっち寄りというものがあるだけだ。

高齢のろう者にも通じるような手話表現をしたい、覚えたいという想いは理解できる。
昨今は若い世代の手話も日本語に寄った表現が多く、この表現では高齢のろう者の方々にはスムーズに通じない。
それだけ、書き言葉を手話でやっているようなもの。

それを乗り越えるには第一にイメージを思い描き、手で再現するという想いがなくては実現しない。

私もどちらかというと、イメージ的な手話表現と日本語に寄せた手話表現と持っており、
比率としてはだんだん日本語に寄せた手話表現が増えている。

完全に「イメージに寄せた手話表現」で話さねばならない時は、さしずめ「国際手話」をやるがごとく
自分の中の“スイッチ”を入れなければならない。

このスイッチの切替で普段の私の手話表現を知っている方は非常に驚く表現が飛び出す。
このスイッチは実は日本国外の手話話者とのコミュニケーションでも入る。

手話学習者にはどちらか一つではなく、幅広い表現方法を学んでもらいたいと切に思う。
 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:言語考
Comment