スポンサードリンク

Home >> 言語考 >> 「わ行」の発音。

「わ行」の発音。

久しぶりに国語の話題。
私のように「言語」、「日本語」を専門にやってると、そう言われてみればと思う質問が出てくることがあります。
何がどう違うのかを尋ねられても答えづらいのは発音の問題。
現在、音楽をやっている立場ですが、「音」の違いにもまだピンときていません。

そんな私が言語に強い方にお尋ねした質問がこちら。

50音のわ行には「わ」「い」「う」「え」「を」の並びがあり
「い」と「え」はそれぞれ「ゐ」と「ゑ」になっておりますが発音はどうなっているのでしょうか?

これに関して回答をいただきました。
私の耳では違いが認識できませんが…

日本語における「わ行」の子音は「w」であり、「わいうえお」はそれぞれ、
「wa」、「wi」、「wu」、「we」、「wo」となっており、厳密には「い≠ゐ」、「え≠ゑ」である。
本来ならば「wu」も「う」ではないが筆記文字がない。
「ゐ」はどちらかというと「ウィ」、「ゑ」は「ウェ」という発音が本来の発音だそう。

更に「や行」における「やいゆえよ」も本来は「ya」、「yi」、「yu」、「ye」、「yo」となり、
「yi」「ye」の筆記がない。
だが、「ye」は「イェ」と発音するのが本来だそう。

50音の中で「や行」、「わ行」が「やゆよ」「わをん」でまとめられている現代だが、
意識せずに使い分けていることが多いそうだ。

確かに古きウィスキーのブランドで「ニッカウィスキー」…「ウヰスキー」と書いていた。
本当ならば「ヰスキー」で良かったのだ。

"whisky"(イギリス英語) または "whiskey"(アメリカ英語、アイルランド英語)と書くのだが、
「w」で始まっている。
ローマ字で「wisuki-」と書くような発音だとすると(或いはそう聞こえた)ならば
それを忠実に再現しようとすると「ヰ」の文字が出てくる。

日本語もやはり時代とともに言い方が変わってくるものもあるのだが
「いろは歌」(『金光明最勝王経音義』1079年成立:初出)にて「ゐ」と「い」、「ゑ」と「え」を重複させていない47音がある。
これを考えると、本来は発音が違うし、同じには聴こえないことから別物と判断していたと思われる。
現在は表記上の省略?で50音といいながら実際は穴あきになっているのも理解できる。

ただ、「こんばんは」を「こんばんわ」と発音するように、「は」と書きながら「わ」と読むもの
同様に「へ」→「え」という助詞の発音変化もあるので日本語話者は特に意識していなくても
外国人(母語が日本語以外)の方だと「筆記は同じなのに発音が違うのは何故?」と思うことは多いのではなかろうか。

私がこれにずっと気になっていたのは「英語」を学ぶにあたって「Knight(騎士)」、「Night(夜)」のように
どちらもカタカナでは「ナイト」と書く。
頭に付いている文字を発音しないものに出会ったことからだ。

手話歌以前より歌が好きで音楽が好きだった。
外国語のものでも歌いたいと思ってしまったとき、どう発音すれば良いのかに悩んだ。
ましてや、同級生が「アイドル」だとかにわぁわぁやってた頃、
私はそれに興味なく洋楽ばかり聴いていたので、
何とかして歌いたいと思っていたのもあるかも知れない。

一度みなさんも自分が喋っている発音について「ゐ」なのか「い」なのかなどを意識してみてはどうだろうか?
日本語の音の響きの美しさは50音におさまらないものであるはずです。

これは「い」じゃないなぁ…などと感じたものがあれば是非教えて下さい。

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:言語考
Comment