スポンサードリンク

Home >> 私事 >> 相棒は…まだ生きているか。

相棒は…まだ生きているか。

私にとっては補聴器は大事な相棒。
先日の子どもたちの手話歌講座のときにいきなり音が消えたと思ったら、大きな音がする。
ボリュームコントロールも受け付けないし、帰りに補聴器屋寄りました。

先日から気になっていたイヤモールドもヒビ入ってるみたいだし…




結論からいうと、イヤモールドにヒビは立派に入ってた。
今まで長いけどこんな硬いイヤモールドにヒビが入るなんて初めてやわ(汗)
相方は硬いイヤモールドずっとだったけどこれまた初めて聞いたと。

とりあえず、修理。
まぁヒビに樹脂流し込んで固めただけだけど。

気になる補聴器本体の方は…またボリューム周辺がやられてると。
これになってからボリューム周辺でおかしくなったの何回目や?

しかも、既に聴こえててわかっている音が聴こえないだけで不安になる。

更に問題は…私にとって補聴器酷使レベル高いみたい(汗)
補聴器は福祉で申請すると5年買い替えができない。
一応修理とかでもたせられるけども…補聴器も家電なんかの例にもれず、
生産終了してから部品の保管期間は5年位。
既に、この機種は生産終了して久しい。
そして来年くらいには部品の保証が効かなくなる。

更にいうと福祉助成がないと補聴器って高いんだよね。
これも福祉助成対象の「廉価版機」なんだけど、本来は片方だけで30〜40万軽く超えるもんね(汗)
また、出るたびに機能が上がってるんだけど、すぐにホイホイ交換もできないのよね。

とりあえず、応急で直してもらって今復帰中。
年明けには新型が出るらしいからそれまでもってほしいなぁ。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:私事
Comment