スポンサードリンク

Home >> 手話歌考 >> 洋楽を手話にする試み

洋楽を手話にする試み

最近、依頼された楽曲に「Tears in Heaven/Eric Clapton」がある。
もちろん歌は英語である。

過去の記事に私が訳してみたもの…手話歌用日本語?があったりする。
完全にこれがベストだとは言わないけれど、良いチャレンジをさせてもらったと思っている。

思えば、私はどちらかというと洋楽が好きだったりする。
先日、天野SHOさんにお会いするその前にFLAMEのマスターと話したとき
「君の好きなジャンルは何?」と聞かれてちょっと困った。

カテゴリー分けがあまり良くわかってないから…(汗)
とりあえず、音楽は何でも聴くが一番好きだったのは「Heartbreaker/Led Zeppelin」からかな?と答えた。

中学くらいからだったと思う。
カセットテープの時代に小遣いを貯めて「Led Zeppelin」のテープを幾つか。

同級生は「光GENJI」や「中山美穂」とかそういうのの方。
そんな中で自分だけがハードロック。

今でこそ手話歌を作る関係上、「日本語歌詞」である邦楽をたくさん作ってきたが
これまた、演歌や歌謡曲、J-POPなど幅広い。

歌ならではの表現…国語表現の妙に惹かれ社会人をだいぶ過ぎてから大学に入学。
再入学もして10年居て中退した。
専攻は国文学、日本語日本文学科でした。

手話の世界に入りもう数十年…気づけば手話の言語的可能性などに注目し、
割と“独特”と言われるような表現を紡いできた。

上記、「Tears in Heaven」にて自分としてはまだまだ納得はできてないが
ひとまずは完成させた。

私のテーマソングのようにクルマで何度も流しているのは「Blaze Of Glory/Jon Bon Jovi」
最近の自分の心境に合わせて「The Man Who Sold the World/David Bowie」
他にも幾つかあるがこれらの楽曲を手話で歌うならば音声言語の違いを超えられるのではないか?
これが、私がかねてからずっと温めていた密かな計画。

参考になったのは「埴生の宿」がイギリス民謡であったり、「歓喜の歌(交響曲第9番)」、「Amazing Grace」の日本語カヴァー。
「手話は言語」であるという視点がひとつ、私や相方が経験した「異国交流」(?)による母国の音声言語にとらわれない「国際手話」という考え方から手話歌もまた音声言語の壁を超えられるのでは?と考えた。

まだ準備段階ではあるが何か一つ作ってみようと思う。
元の歌が英語なのでアクセント的な部分や、ニュアンス的な部分に手話をどうするか苦心する部分があることは十分に予想される。
しかし、やってやれないことはないよねという根拠なき自信があるのも事実。

これは「オータム・イン・ニューヨーク」というJAZZナンバーの雰囲気を彷彿させるセントラルパークの写真

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:手話歌考
Comment