スポンサードリンク

Home >> 活動 >> ようこそ先輩

ようこそ先輩

先日、懐かしの我が母校に講演に行ってきました。
高槻第一中学校ですね。

今までたくさんの講演をさせて頂いたのですが、
私も話す内容は日々進化しております。

今回は大正白陵高校での講演に使ったスライドの中で、
聴覚障害者に限定したテーマを使用することにしました。

統合型の講演内容が今までの主力。
講演の方法を色々と工夫して幾つかのパターンに。

…鯵仂祿欧箸浪燭というテーマ。
∈匈音における聴覚障害をテーマ。
職業などに関するテーマ。(これは当事者の目から見たもので企業のコンサル業に使えるかもという内容)
な〇磴里△衒〜当事者視点から〜
ゼ袁叩△修慮生貪考察
手話歌制作に関するテーマ。
だいたい上記の内容を私は持っております。

大正白陵高校では手話歌のウエイトの重めのモデル。
この時点で3つあった。
毎年の阿武野高校での総合学習は聴覚障害者とは何か?のテーマが一番多い。

今回、一中ではちょっと趣向を変えてワークショップ型を選択しました。

面白先輩な雰囲気でワイガヤと賑やかにやらせていただきました。

お知らせランプや目覚まし時計も現物持ってきて体験していただきました。
流石に全員は無理ですが居眠りしてる体で、目覚ましが鳴る(動く)というちょっとリアルに寄せると
目的は果たせるが引き換えるものがちょっと…嫌すぎるとか感じてもらえたと思う。

お笑い芸人みたいな感じになってしまってたので楽しく学んでもらったと思うけども

オモロイ先輩居たわ!!という印象だけだったら怖いな…苦笑

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:活動
Comment