スポンサードリンク

Home >> 聴覚障害関連 >> 専門用語とは?

専門用語とは?

表題の通り、専門的な用語というかそれを手話にする難しさについて書きます。
私はどちらかというと非常に器用貧乏でございます。
色々な分野の仕事を経験してきました。

業種によって同じ業種間であればほぼ共通のサインがございます。

恐らく手話歌制作者としての仕事よりも長い時間経験してきた土木・水道工事、舗装工事などのガテン系ですと
機械の名前が一般の方にはわからないものも多いですね。
ダンプや削岩機(ハクリと呼んでいます)などは一般の方も見ればわかるようなものでしょう。
ですが、ユンボ(小型・中型掘削機械)と重機(バックホーなど)とは同じショベルカーではありますが
重機は大量の土砂などを掘っていけるのですが細かな動きは苦手とします。
これに対してユンボは大量の土砂掘削は重機に負けますが非常に細かく掘っていけます。
穴を掘って管を組んでいくという部分は人力に頼るところも大きいのですが、
掘削した部分の埋戻しの時はランマーやプレートといった突固めをする機械を使います。
何じゃそりゃ、となるのはそういう業界を知らないからなのですね。

庭師をやっていたときは左官の技術や塀の積み上げ、塗装などが必要でした。
クレーンを使っての庭石の配置や木の植込みもやります。
多かった道具は狭いところも多かったのでハクリを多く使っていました。

また、ディスクグラインダーやブロックカッター等の工具も多く使いましたね。

舗装道路のアスファルトを切るロードカッターというものもあります。
土木等の工事にはこういった特殊工具は普通に使います。

大型機械ですとロードローラーや舗装素材散布機などもございます。

上記が土木系でほぼ見かけるシロモノです。

産業廃棄物(特定家電)である場合は、「マニフェストシール」といういわゆる「リサイクル券」の発行もありますし、
積み込みと中間集積所などがございますね。
回収品をただ集めて持っていくだけではなく、メーカーごとに値段が違うこともありますし、
モノによっては同種のものを集めて売ります。

再資源化という言い方をするところもありますね。
銅、アルミ、鉄(鋼鉄、鋳鉄含む)など

運送系だと発注書、納品書、請求書、運行予定表といった書類から、
運行前点検から数量チェック、積み下ろし、待機場所…
それぞれに専門用語が飛び交いました。

上記は私が経験した仕事のほんの一部ですが、ありとあらゆる業界には専門用語や専門工具などあります。
そして、その多くは健常者でも普通に使う「ワークサイン」として使っているものもあります。

聴覚障害者が仕事をするに当たって、こういった専門用語を覚えるのはもとより、
それによるサインを覚えて仕事をします。
これは健常者でも同じですね。

何故か警官でもないのに「マル秘」「ホシ」「ガイシャ」「パケ」だとかそういった言葉を知っている方々も居ますが
これはテレビの影響(笑)

さておき、基本としてそういった専門用語にサインがあり、明確にそれと特定できる場合は比較的スムーズ
しかし、サインもない状態ですと手話化を図らないと通じない。

手話通訳者が同業者だと話が早いのですが、そういう例は非常に少ないので
外部の手話通訳者さんを呼ぶことになったとき通訳者さん自身が「意味がわからない」ことになります。
日常のお仕事の場合は同業者同士での会話ですから専門用語に関してはなんとかなるにしても
逆に「モノ」はわかっても「どうしてほしいのか?」が伝わらないというケースも。

私の趣味の方ではかつてメンバーが20人規模の「走り屋チーム」“自由騎兵”というバイクチームがありました。
バイクのあらゆる部品の多くをメンバー間だけで通じる手話として生み出し、
メンバーの関係者や友人などを通して広がっていくという稀有なケースも有りました。

フロントフォークとリヤサスペンション…どちらもバネとオイルによる緩衝装置ではありますが
手話は明確に違います。
タイヤとホイールは車だと割とワンセットと見なす場合が多いですが、
それも分けて表現します。
バイクならではのギアチェンジと車のマニュアルギアチェンジは動作が違う。
もちろん手話としても違います。 バイク乗りで車も公道レーサー(懐かしい響きだ)に移行する人もいるので
車ならではの手話表現がまた生まれます。
私の年代が走り屋ブーム全盛期だったので手話が爆発的に増えたのはその辺りかもしれません。
それ以前にもそういう趣味の人が居たはずですがあまり見かけませんでした。
そして今だと走り屋ブームも終焉し、どちらかというと「日常の足」的な部分が大きくなり
もっと言うなら免許は持ってるけどペーパーという人も多くなっています。(実車を所持していない)
なので、新しい手話もなかなか生まれていません。
そのせいか、ハイブリッドなどの「一般的な人々が見聞きするであろう言葉」の手話だけに縮小されている気がします。

ここまで書いてきて“職業レベル”の専門用語や趣味などにおける専門用語を通訳することの難しさを
自分自身が痛感してしまいました(汗)

皆さんのお仕事や趣味に関しても同様のケースがきっとあるはずです。
一度考えてみませんか?

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連
Comment