スポンサードリンク

Home >> 聴覚障害関連 >> 手話のレベルについて

手話のレベルについて

先日私のFacebookのプライベートページでもシェアしましたが、
個人的にも手話サークルにて手話学習者の興味深い質問があったので取り上げてみます。

Q.「手話が出来ます。」と名札に記載する例が増えているが、「手話が出来る」とはどれ位を考えますか?

A.興味深い質問ですよね。
基本的に、「日常会話がこなせるレベル」からは出来ると言っても差し支えないと思います。

Q.「手話のレベル」は実際のところどのように分類してますか?

A.あくまでも私個人の見解では挨拶ができる程度であれば、「手話を知っている」とみなします。
ここで注意していただきたいのは「手話ができるレベル」であっても「聴覚障害者を理解しているとは限らない」
また、全くというほど手話を知らなくとも「聴覚障害者が困ることを理解しており、対応できる方もおられます」

私の両親や弟は手話は少々知っているが「出来る人」ではありません。
私の聴覚障害ゆえに「出来ないこと」や「非常に困難であること」は理解はしている。
ただ、これはあくまでも私と相方のレベルに合わせた対応ができるということで、
完全に手話のみでのコミュニケーションが必要な方々の対応はできません。

また、幼稚園の時からの幼馴染がおります。
彼は「手話の存在」は知っていても「手話を知らない」人です。
私の家族ほどではありませんが私の「聴覚障害ゆえに困ること、出来ないこと」は理解した上で対応ができます。
これもはっきり言えば私以上にコミュニケーションが困難な方の対応はできません。

「指文字」でコミュニケーションは「ひらがなだけで筆談するようなもの」なので食い違ってしまう部分はどうしても出てきますし、
人によっては「指文字でのコミュニケーション」を苦手とする人も居ます。

従って、手話だけに限定するのであれば「手話ユーザ」と言えるレベルが「手話の出来る方」と考えます。
すなわちこれは「手話でのコミュニケーションが図れる」ということであり、
職業でいいますと「自分の仕事内容を正しく説明できるスキルが有る」ということでしょうか。

ここでの問題点は「マクドナルド」などの飲食店で注文を間違わずに受けることが出来、
品切れなどの対応に関しても説明できるレベルとなりますが、
薬剤師などになると専門知識が必要なので説明できる内容の幅に大きな違いが出てきます。

コンビニで「お弁当温めますか?」や「お箸を付けますか?」というような話や、
タバコを買う時の「20歳以上である場合はタッチしてください」をタッチしてという場合は簡単に示すことが出来ます。

ですが、道に迷った人が「このコンビニの近くなんだけどどこかな?」と道を訪ねたとします。
これに答えられるならば「出来る人」かもしれません。
出来なければ「知っている人」でしょうね。

薬剤師であればこういう単純なものではなく「この薬はご飯を食べた後に飲んでください」とか、
「薬をもう一度飲むときは4時間以上空けてください」など、一気に難しくなります。
手話で会話ができる人でも「言葉の意味を正しく伝えられるか?」が出来なければアウトでしょう。

笑い話ではなく本当にあった実例に「食間」ということで「ご飯を食べながら薬を飲んだ方」
「座薬」を座りながら飲んだ方もおられます。

最低でも色々な言い換えを持って柔軟に対応できる人を「出来る人」と私は言っても良いとは思いますが
ここまで来ると「手話を駆使できる人」と言いたいですね。

そうなると「手話の存在を知っている人」、
「手話を知っている人」
「手話の使える人」
「手話を駆使して説明などが出来る人」
「手話通訳が正しくできる人」
この4つかと思います。

あくまでも私見ですが、参考になれば。

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連
Comment