スポンサードリンク

Home >> 歌・作詞 >> Tears in Heaven(原曲よりの和訳)
Page: 1/3 >>

Tears in Heaven(原曲よりの和訳)

新しい試み…
Tears in Heaven(1992)Eric Claptonの名曲。
英語の歌詞の雰囲気に寄せた和訳を載せてみる。

Tears In Heaven 歌 Eric Clapton
作詞 JENNINGS WILL ,CLAPTON ERIC PATRICK
作曲 CLAPTON ERIC PATRICK
和訳 Koji Tokuda

Would you know my name
 君は僕の名前を覚えているだろうか
If I saw you in heaven
 もしも天国で会ったなら
Would it be the same
 そこでは同じ名前だろうか
If I saw you in heaven
 もしも天国で会ったなら
I must be strong
 僕は強くならなくては
And carry on
 そして生き続けないと
'Cause I know
 僕はわかっているよ
I don't belong
 僕はふさわしくない
Here in heaven
 天国に居るにはね
 
Would you hold my hand
 君は僕の手を握ってくれるかい
If I saw you in heaven
 もしも天国で会ったなら
Would you help me stand
 君は僕を支えてくれるかい
If I saw you in heaven
 もしも天国で会ったなら
I'll find my way
 僕は僕の道を歩いていく
in night and day
 夜も昼も
'Cause I know
 僕はわかっているよ
I just can't stay
 僕は留まる事はできない
Here in heaven
 天国に居るにはね
 
Time can bring you down
 時間は お前を落ち込ませる
Time can bend your knees
 時間は お前を跪かせる
Time can break your heart
 時間は お前の心を砕く
Have you beggin' please beggin' please
 お前は願う どうかお願い…と
 
Beyond the door
 扉を越えて
There's peace I'm sure
 ここには平穏が
And I know there'll be no more
 そして 僕はもう無いと知っている
Tears in heaven
 天国に深い悲しみは
 
Would you know my name
 君は僕の名前を覚えているだろうか
If I saw you in heaven
 もしも天国で会ったなら
Would it be the same
 そこでは同じ名前だろうか
If I saw you in heaven
 もしも天国で会ったなら
I must be strong
 僕は強くならなくては
And carry on
 そして生き続けないと
'Cause I know
 僕はわかっているよ
I don't belong
 僕はふさわしくない
Here in heaven
 天国に居るにはね

'Cause I know
 僕はわかっているよ
I don't belong
 僕はふさわしくない
Here in heaven
 天国に居るにはね


“写真はヤマハの公式ホームページよりお借りしました。”

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:歌・作詞
Home >> 歌・作詞 >> Nostalgic memories

Nostalgic memories

<Nostalgic memories>2019.6.17 Song by Koji Tokuda

 

懐かしい写真を眺め 心は思い出に飛ぶ
気づいたら涙がにじむのは何故だろう
今より若い日々 何に夢中になっていたんだろう
今はもう会うことも叶わない友の顔

 

走り続けていた日々 笑いあった日々
時間は残酷に流れていく

 

忘れかけていたあの時の想い
いつの間にか思い出の片隅に押し込んでいた
今頃、みんなどうしているだろうか
遠く離れてしまって知ることも出来ない

 

移りゆく季節、僕は確かにここに居た
巡る時の流れに、友との出会いと別れ
今はただ懐かしい思い出

戻らないあの時代が胸に来る

 

つるんでた日々 喧嘩した日々
思い出は残酷に流れていく

 

今はもう居ない友の顔もここでは
今の僕を見つめてるその瞳で
今君がここに居たら僕に何を言うだろうか
その答えは聞くことも出来ない

 

変わりゆく時代、僕は確かにここにいる
思い出になってもみんな心の中にいる
変わったのは僕のほうかそれとも君か
遠く離れてしまって尋ねることも出来ない

 

走る続ける日々 迷い続ける日々
僕はどこに流れていく

 

友はまるで家族のように
友はまるで兄弟のように

 

思い出は写真の中に 忘れかけていた記憶
友よ、僕はここにいるよ…

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:歌・作詞
Home >> 歌・作詞 >> 故郷への旅路

故郷への旅路

「故郷への旅路」Song By Koji Tokuda 8.Mar.2019

旅路の始まりは
それは内なる心から始まる
答えを求めるために
鳥の歌は私にささやく
ただ飛ぶために羽ばたくのかと

 

尽きぬ想いを抱いて
昼も夜も飛び続ける
魂に問い続けながら

 

何処に向かっているのか
いつ辿り着くのか
この旅路は始まり
そしていつか終わる

 

大海を渡り、高峰を越えたとしても
何故、人はいつまでも飛び続けるのか
信じるものを探し求めながら

 

遙かなる楽園から眺める
眼下に渦巻く激しい嵐
そこには探し求めた答えが
そして希望がある

 

やがて帰るとき、
私は学びを故郷に持ち帰ろう
この想いを託して
大地に植えた一粒の種は
時とともにやがて育っていく

 

志ある限り 私は挑み続ける
力がある限り 私は飛び続ける

それこそが答えになる

 

とめどない想いを抱いて
昼も夜も飛び続ける
魂に問いかけながら

 

何処に向かっているのか
いつ辿り着くのか
道標のない旅路
終わりはきっと訪れると

 

大海を渡り、高峰を越えたとしても
何故、人はいつまでも飛び続けるのか
信じるものを探し求めながら

 

やれる限り 私は挑み続ける
飛べる限り 私は飛び続ける

それだけで答えになる

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:歌・作詞