スポンサードリンク

Home >> 聴覚障害関連 >> Kレポート 健聴者の視点から(その2)
Page: 1/13 >>

Kレポート 健聴者の視点から(その2)

さて、今回は前回の続きです。
この回は、口が読める方の私にとっても非常に関係があります。

=====
Cは肺活量も小さければ声量も小さい。話すときの唇は大きく動かさない。
AはCの読唇を6割はしていた。
それで8割の理解をするのは、脈(バイタルのことではない)や気質も思考をも瞬時に組み込むから。

BはCの読唇だけでなく全般に苦手。
それでいて、気質や思考を知り得ていない初の接触で、3割の理解するのは、
脈(肌感覚みたいなことかな?)を気質や思考傾向よりも高く使えているとはず。
AとCの足りない2割を補えるBの3割ということだ。

聴こえないとき聴き返すが、ここで言い直す聴こえる人は、母音を強調してしまう。
すると、聴こえない人は更に聴き返すことになる。
この場合の聴くは声ではなく唇と舌のことだ。子音を聴き返していたのだ。

これは、子音から単語を探すのと、母音から単語を探すのでは、子音からの方がより近い単語にヒットするためだった。
アクセントの位置も聴こえないため「あか」が「赤」なのか「垢」なのかも単語を一つでは選別不能だが、
「たこ(蛸や凧)」と「かこ(過去)」の母音は同じ子音が違うので、
子音を読みたいが、子音を読まなければならないことが困難だと教わった。

子音は発生する直前の唇と舌の動きの組み合わせ・・・
えぇー、母音は何かと意識したことがあるけれど、
子音のために唇と舌がどんな動きをしているか考えたこともないと、気が付かせていただけた。
音声入力や音声認識のその前に、読唇認識人工発声の開発が先だったのではなかろうか。

=====

これを読んで思い当たるフシのある方は少なくないのではないだろうか?
私にとって「あいうえお」の母音は余裕。
よっぽどモゴモゴされなければ母音の判別は容易い。

だが、上記のレポートにある通り、多くの方は「語」を大きく出そうとするか、
母音を強く表す方が多い。
私が常々困るのはどの行の言葉を使っているのか?だったりする。

「き?」「し?」なんてのは多い。
私の家族の中では末弟が一番読みやすい。
これは子音を明らかにする必要があるのだとよくわかっているのだろう。
両親や次弟ではなかなかそこまでスムーズには読みづらい。

もちろん末弟に対しても100%はないので私の家族ではどうしても読めない時は「指文字」を使う。
私が「???」となっている時に指文字で「し」だの「き」だの表現するわけだ。
あいうえおの母音は既に読めているのでアタマの一語目が「き」だの「し」だのやってくれると
一気にクロスワードの虫食いがうまる。

ただ、新しい言葉など私の辞書に無い言葉の場合は全部書いてもらうほうが良い。
流石に何を言いたいのか想像もつかないからだ。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連
Home >> 聴覚障害関連 >> Kレポート 健聴者の視点から(その1)

Kレポート 健聴者の視点から(その1)

私と古くの関わりのある方より、興味深きレポートを頂いた。
彼女は聴こえる人である。

興味深く感じた部分を抜粋してみる。

=====
聴こえない二人(AとB)だが訊かない二人ではないので、聴こえる私(C)と同伴可能なのだと思う。
おそらく、AとCは8割理解、BとCは3割理解の会話可能な関係。
Cの言い分をAが理解できないでいると、BがAに説明する場面が何度かあった。
8割理解できるAとCだが、不明瞭にAが陥ると、BがAに説明できるのが不思議だった。
それは、3割しか理解できないながらも、繰り返される訊き返し言い直しを眺めていたBが、Aより先に理解したからだ。

早朝ビッフェでのこと。
食事中に急にCが椅子から立ち上がり屈んだ。
そして、床から立ち上がった手にナイフ。AとBの驚いた顔があった。
Cは平然と食事を再開。Cの特性は大袈裟に動かないし、黙って動く。
AとBとCは、落ちた場面を視ていない。AとBは顔を見合わせ、Cに「音がないから、どうした?の驚きと、ナイフを持って立ったことに驚いたんだ。」と説明。

これが聴こえる世界と聴こえない世界。背中合わせでもなければ、別な世界のことでもない。
食事中に会話が弾むと、食事が捗らない。
このとき、Cは時間を気にしたが、敢えて時計を視ないように振る舞った。
それがマナーだとCは思うからだ。
しかし、このときBは、Aに時間を気にしてのサインをした。(心理学なのか?行動学なのか?)
食事が会話によって捗らないのは、聴こえなる聴こえないに関係ない。
しかし、一瞬でもCは聴こえないからだと思った。
勿論、これは恥じている。これを帰宅して子に話した。

脳は一つのことしか処理しないから、食事中に会話すると味わえないと子は言う。
味わえていたら会話が漫ろになると言うのだ。
そして、無言給食や無言清掃を否定する話題になり、有言と無言の両方をやって、時と場で使い分けを知ること。
個々が判断できるように、促せる仕組みを持つようにと言うのだ。(脳科学だと思った。)

さて、食事中の話題に戻るとする。
Cは咀嚼音に過敏。茶を啜る音さえ出してはならぬ(勿論 咀嚼音も)と許されない育ちをしていることから、
お陰様で蕎麦すら啜れない不自由がある。
他人様の小さな小さな咀嚼音でさえ、Cの咀嚼音かをCは聞き分けようとしてしまう。
Cの咀嚼音なら即座に直すためだ。
そして、このときクチャラーのような音ではない、小さな小さな音の出所を視てしまった。
それをAとBに視られていたのであろう。小さな小さな音が消えた。
このことから過去に、AとBは咀嚼音を注意されてきたことがわかった。

このとき、AとBはサイン交換をしていない。
ノンバーバルコミュニケーションには、必ずしもサインがあるとは限らないということ。
CがAと会ったのは18年振りの3回目、Bとは初だ。
Cを挟んでのシンクロを三人で練習したこともないのに、シンクロが何故出来るのか?(頑張れ 量子科学と思う。)
=====

実に不思議なことである。
実際には不思議でも何でも無いのだが、
普段からしていることを改めて第三者の目から見ること、
なおかつ、私とは違い聴こえる方の視点から見ると不思議に感じる。

このレポートはほんの一部分であり、その中を抜粋したもの。
この部分を読んでみてどう思うだろうか?

単なる朝食のごく普通にあり得る風景である。

AとBは聴覚障害者であるため手話を使ってコミュニケーションをとる。
Cは健聴者であり手話を使えず、手話に寄るコミュニケーションはなし得ない。

そして、聴こえないがために音に関して何処かで警戒をし、
聴こえるがために音に関して注意をする。

また、直接何かを指摘した(発言した)訳ではないのに何処かでシンクロしていると感じる。
一番長い関わりであるAとCですら18年ぶりというのにだ。

この短いレポートの一部を読んで、何を感じるかは読者に委ねようと思う。

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連
Home >> 聴覚障害関連 >> 手話言語条例の光と闇

手話言語条例の光と闇

手話は言語である。
これが国連で採択されてから14年。

高槻市でも2020年4月1日より施行されました。

高槻市HP 「高槻市手話言語条例が施行されました!」(4月30日)
どのようなものかは上記、高槻市のHPを御覧ください。
かんたんな手話も覚えられる動画もありますよ。

今回は高槻市に待望の手話言語条例がスタートしたけれど、
昨今のコロナ禍によって、気づいたことをちょっと書き出してみようと思います。
【良点】
…鯵仂祿下垉擇喙袁辰箸いβ減澆魘縮持ってもらえるきっかけとなった。
聴覚障害者への合理的配慮の考え方が現れてきた。

これはいずれにしても本来身近なところに聴覚障害者が居るのに見た目では判断しづらい。
=居ないことになっている。
これが、もしかしたら居るかも?となっただけでも十分大きなこと。
手話もどんなものかわからない変なもの→聴こえない方は手話で会話をしていたのだと理解された。

合理的配慮の面は実は手話言語条例以前から課題となっていたが、
聴覚障害者の方に会うという事が非常に少ないため合理的配慮への実感がわかなかった。
=手話というものを知り、簡易的なコミュニケーション方法を知ると合理的配慮への考えに至る。

【悪点】
‐鯲磴修里發里鬚靴辰り理解されていない。
聴覚障害者=手話と捉えられ、それ以外の対応を考えない。
9舁的配慮=手話が必要と繋がるため、それ以外の配慮を考えない。
ぜ袁辰瞭颪靴妓里坊姫鵑気譴襦

,砲弔い討亘寨茲覆薀灰蹈焚劼なければイベントなど周知していただく取り組みができる。
これが出来ないまま、話題性が薄れてしまって広がりづらくなっている。
△海譴蓮⊆袁辰鮖箸┐訥鯵仂祿下圓發靴辰り理解する必要で、聴覚障害=手話ができるとは限らない。
故に、「手話推し」となってしまい、手話を使えない聴覚障害者や高齢者にとっては困ることが起きる。
こちらは「手話推し」を強く考えるあまり、指差しで指示、確認できる部分もやらなくなってしまう例かと思う。
い海譴…なんとも言えない。言語ゆえに手話の取得は時間がかかり、
日本語話者と同様の手話話者になろうと思うととんでもない時間がかかる。
日本語話者は乳幼児から日本語の海に育ち、国語として小中高と学んでいく。
言葉によるコミュニケーションが出来る年齢であろう3歳児から18歳までの15年間、日本語会話を積み重ねている。

3歳については以下
概ね 1 歳前後ではじめて意味のある言葉(初語)を発し、
1 歳半から 2 歳頃に語彙の急速な 増大と 2 語文の獲得、
3 才前後では 3 語以上をつなげて文を話し、
子ども同士でも会話を成 立させられるようになるというのが平均的な発達像である。

幼児期の言葉の獲得 - 東京成徳大学・東京成徳短期大学より抜粋
従って、15年かかって身につけた日本語と同じようなレベルを1ヶ月やそこら、
手話の海に浸っていない状態では身につくことは不可能である。

私もかつて公立高校などで13年手話を教えてきたが、週1で2年間(長くて)であった。
各地で開催されている手話講習会も基本的に週1で半年か1年。

難しさを感じるのは当然だろうと思う。

だが、多くの日常会話において中高生で習う国語の部分は使い切っているのかというとそうでもない。
基本ベースは小学校の間にもうできていると思うのだ。
これでも6年。
語彙数が足りない部分は覚えていくしか無いが、基本の文法構造を覚えることができれば、
多くの場合、それなりにだがコミュニケーションを成立させることが出来る。

難しさを先に感じてしまうと、簡単なことでも手話を拒否し、あくまでも音声に頼ろうとする。
この場合、昨今のコロナ禍におけるマスク着用では口を読むことが出来ず非常に会話が困難。

手話言語条例とともに合理的配慮はセットであるのだが、
聴覚障害者の多くは「みんなが手話を使えるようになればいい」という考え方が多い。
むしろ、手話が使えなくてもコミュニケーションが取れ、手話が使えるともっとスムーズであるという
「合理的思考」が必要ではないか?と私は考える。

コンビニでタバコやコーヒーを買う程度であれば必ずしも手話は必須ではない。
既に買うものはセルフで持ってきており、タバコに関しては発声できる人は番号を言い、
発声ができなければ同じものを見せればいい。

家電など相談の上、検討し購入しようかという店員とのやり取りが発生する状況下では
聴こえないことを述べ、紙に書いて欲しいと言っているのに声で話そうとする人がいる。
しかも、マスクのせいで口が見えないから理解のヒントになるものも拾えない。

これは非常に困ることでもある。
互いの思いやり一つで察することも出来、現時点でベストな方法をすぐに取れる。
これが一番大事ではないだろうか。

コロナ禍において音声情報は私にとっては口を読むという技が使えず、コロナ前に比べ
かなりゼロになっている。
視覚情報を得ようとする率が極端に上がり、非常にしんどい。

コロナにより行政の発表に手話通訳がつくようになり、「手話に関する知名度」は上がった。
だが、手話以外の部分ではどうなのか?という問題も顕になってきた。

ここは合理的配慮という考え方も広めるべきだろう。
マスク越しでは聴こえる方も聴き取りづらく間違いも発生すると聞く。
かんたんな身振りや手話でその間違いも減らせるとしたら本当の意味で互いが暮らしやすくなるのではないだろうか。
私は、そう思わずには居られない。
 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連