スポンサードリンク

Home >> 私事 >> BASSを使ったリズムトレーニング
Page: 1/124 >>

BASSを使ったリズムトレーニング

先日、福祉展が無事終了しました。
The Boomの「島唄」を視覚障害ピアニストの永野くんの演奏と歌声に合わせて歌わさせていただきました。
生演奏&生歌ならではのアレンジで、CD音源の版とは違い、
「でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た」のあとの暫くの間奏区間を省略。
曲のラストに「ララララララ・・・」とあるのですが、
ここは「島唄よ風に乗り (中略) 届けておくれ私の愛を」を高らかに歌い上げるパターンにしました。

視覚障害の方と、聴覚障害の方が一緒に音楽をやるというのはあまり例がありません。

ちょうど、福祉展に3年連続で来てくださっている京都の映画監督の谷氏からも
車椅子ユーザーでバンド組んでボーカルを手話歌(聴覚障害者)という例はあるものの、
私が今回やった組み合わせは初めて見たそうです。

とはいえ、演奏に関しては視覚障害の方は本来の音源から耳コピして歌うことが出来ます。
私の弱点はその音にどこまで乗れるか・・・なんですね。
生物学が立証、バンドで最重要なパートはベースだった

ベースがリズムを生み出す楽器である科学的根拠

この記事がタイムリーな感じで出てきたんですが、まさしくその通りかもしれない。

現在、私はロックスミスなるゲーム?シミュレーター?でエレキベースを実際に演奏をしています。
今までは「CHIMNEY/Yellow Moon Band」や「Do you Remember/The Horrors」、「Where is my mind?/Pixies」を中心に弾いていたのですが
我が友である神戸の聴覚障害ギタリストの岡本くんから「Smells Like Teen Spirit/Nirvana」もどうか?とあって、
最初はこのロックスミスの収録曲やダウンロードコンテンツ曲に無いため、どうしようか・・・と思ってた。

しかし、私は既にXbox360というコンシューマーゲーム機からパソコン(Steam版)に移行済み。
パソコン版ならではの利点は“Mod”が使えるということ。

即ち、自作したモノをカスタムダウンロードコンテンツ扱いにできるということ。
もちろん簡単に作れるものではないが、世界中でロックスミスは愛されているため
どなたかが作ったモノを「どうぞ楽しんでください」と提供していたりするんですね。

これはフライトシミュレータの世界でもアドオンという名前で本来は収録されていない「機体」を飛ばせるというのがあるんです。
もう既に古いソフトではありますが「マイクロソフトフライトシミュレータ2004(MSFS2004)」にて
伊丹から関空まで「零式艦上戦闘機32型」を飛ばしてみたり、
「三菱F-2(航空自衛隊)」で関空から波照間空港までマッハ2クラスで飛ばしてみたり・・・と遊べるんですね。
もちろん、実機と同じ操作をしなければならないので非常に難しいんですけど(^_^;)・・・

さておき、探してみると有志が作ったライブラリー内に「Smells Like Teen Spirit/Nirvana」があり、
苦労しつつも導入完了して暫くこればかり弾いていました。

そのお陰かわかりませんがリズムキープがうまく取れるようになっていて、
今回の福祉展でもリズムを上手く取ることが出来、歌い切ることが出来ました。

版権の関係でロックスミス公式が出していないダウンロードコンテンツであっても、
有志の方々が作った曲で「Communication Breakdown/Led Zeppelin」なども見つかり
早速幾つかやってみたいのを導入してみました。

人様に聴かせるような演奏の腕はありませんが、暫くはこれでリズムトレーニングもできそうです。

既にYouTubeでもアップしているものもありますが、私が作った手話歌を「私自身の歌唱」で公開できるようになりたい。
そのためのトレーニングでもあります。

(ちなみに私のYouTubeチャンネル名はNightfoxHQです♪)


「Smells Like Teen Spirit/Nirvana」を知らない人のために埋め込みで貼っておきます。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:私事
Home >> 活動 >> お〜さむ〜ちゃんで〜す!!

お〜さむ〜ちゃんで〜す!!

先日、いつもの手話歌練習をお休みして“郊外学習”に向かいました。
正しくは、私の依頼人さんにお会いするということでしてドキドキしながら向かいました。
私のお弟子さんとも言える中村さんを通して手話歌制作を依頼されていたんですよね。

たどり着いたのはお初天神と曽根崎警察の間くらいにある「ニューサントリー5」というジャズクラブ。
1970年創業ですから老舗中の老舗のお店です。

お店に入るとボーイさんがコートを預かります…ときたもんだ。
見渡すとあまり日本では見たこと無いような長ーいバーカウンターにソファーなボックスルーム?
こんなお店…何処かで見たような…あ、アメリカのスウィングバーみたい。

物珍しさにキョロキョロと見ていると非常に古い木の看板にかすれた文字で「New Orleans」と書いてある。

そうか、JAZZの聖地といえばニュー・オーリンズだったなぁと独り合点。

そもそも、何かのライブがあるよとだけしか聞いていなかったので案内されるがままに予約席の場所に。
目の前にグランドピアノ、ドラム、そして超でかいウッドベースが寝ていた(汗)

ライブが始まってとんでもなく驚いた!!
こ、これは…おさむ師匠!!!
(私、何故か超ベテランの域におられる漫才師さんのことを“師匠”と付けてしまう癖があるんです苦笑)

し、知らなかったよ…あのぼんちおさむさんがジャズ・シンガーでもあったとは!!!
トークは上手い、歌も上手い。

え〜

圧倒されつつも次第にテンションが上ってしまい、気分はノリノリでございました。

おさむ師匠は大阪の何処かのジャズバーにて出演しているそうなので是非一度聴きに行って頂きたい。

ちなみにお名前は失念してしまいましたが、あのどでかいウッドベースの奏者の方がやはり気になり、
じっくり見てしまいましたよ。
楽器といえばベース。
自分も触るもんだから、ベースにどうしても目が行ってしまいます(汗)

めっちゃでかいし、ネックはとんでもなく長いし、当然ながらフレットレスなので弾ける気は全くしませんけど(汗)

さておき、手話歌を依頼してくださった「たか」さんとお話して、
たかさんのご友人も交えてお話させていただいたんですが
いきなり「先生、ありがとうございました」と言われるとめっちゃ照れる(*ノω・*)テヘ

たかさんが作られた歌を私が手話歌として制作させていただいたんですが…
歌を作ったご本人に絶賛されると嬉しいものですね。
しかも「涙出た」なんて言われると…。

毎回のことながら、ある意味感覚として掴めないと作れないので苦心しただけに嬉しい。

おさむ師匠の歌に「旅に出よう」というのがありまして、これは胸アツでした。
この歌も手話歌にしたいなぁと思うようなゆったりとしたひとときでございました。

おさむ師匠と中村さんと。


たかさんのご友人の方々とも一緒に。


うーん、もう手話歌の構想に入ってます…。何が出来るかな?
 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:活動
Home >> 活動 >> 城内公民館こどもまつり

城内公民館こどもまつり

バタバタしていて告知忘れてた(汗)

城内公民館にて「こどもまつり」が開催されます。
それに関して、不肖、私めが制作した「パプリカ」を指導させていただきます。

既にあちこちで人気のある「パプリカ」でございますが、
そちらの「ダンス版」ではなく「歌バージョン」をベースに制作いたしました。

なので…「もう一つのパプリカ」とさせていただいています。

手話歌ならではの表現の妙を是非ともお楽しみください。
以下にビラを載せておりますのでお申し込み、お問い合わせは城内公民館にて。

☆どこで?:城内公民館1かい集会室1・2
☆何人?:20人(申込み順)
☆持ちものは?:えんぴつ・けしゴム・お茶
☆お金は?:いりません
☆誰でもいいの?:高槻市内に住んでいる、または通っている小学生
(おうちの人も一緒に参加OK)

申込み:11 月7日(木)から 電話または公民館窓口まで(土・日・祝日を除く9:00〜17:15)
主催:高槻市立城内公民館 高槻市城内町1−1 電話:072−671−4644
↓↓↓クリックすると大きくなります↓↓↓

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:活動