スポンサードリンク

Home >> 手話歌考 >> 特殊効果に学ぶイメージング
Page: 1/133 >>

特殊効果に学ぶイメージング

私は手話歌制作家として手話歌を作ります。
単なる翻訳ではなくイチから制作するのです。

そのためには歌詞を自分の中に取り込み、その歌の世界観を味わいます。
そして、そこから出てくるイメージを手話として“再現”し、組み合わせていく。

日本語で書かれた歌詞は私にとっては実は“参考程度”にまでなるのです。
本来は手話で歌詞を作っていくのと変わらないレベルになっているので、
作詞家さんが苦心して作っているのと同じことを私はやっています。

そして、これを人に教えるのにも苦労します。
私にとっては日本語で書かれた歌詞→イメージ化→手話再現→再構築で手話歌が完成しているのですが
指導ともなると手話になっているものを別言語である「日本語」で説明しなければなりません。

私も日本語は使えますのでこの手話歌の表現方法を英語で教えるとかそんなのと違ってまだマシな方ではあります。

私が指導する上でもどかしく思うのはイメージ力の乏しさです。
私がはっきりと言葉にするとそれに引きずられ、本来のイメージが伝わらないというのは毎回感じることです。

私はありとあらゆるものを見ようとします。
本で言うなら「絵本から文学書、学術専門書からエロ本まで」というと「エロ本」に何故か引っかかってくれるんですけど…
まさしく、オールジャンル読むと思っていただいて結構です。

映画もどちらかというとミリタリーな映画は好きですが、ヒューマンドラマも結構好きですし、ファンタジー物も良く見ます。
いわゆるRG12指定(暴力的描写、性的描写、社会問題的描写等による制限)であるのも普通に見ます。

私はいわゆるホラーは苦手なのですが、それでも一応見る時は見ます。
「苦手なのに何故見るか?」と聞かれました。

そこに表現の気付きがあるかも知れないから。なのです。
こうやって、手話以外の「言語化するには厳しい事象」を文章からの想像、映像を見ての表現から手に入れていく訳です。
昔は漫画より小説などの活字派でしたので同好の人と議論を交わし想像を膨らませたものです。
ハヤカワSFや角川ドラゴンブックスなどが多かった気がします。

今は映像の時代になり、本来は小説であったものが映像化されています。
みなさんもご存知のスターウォーズも本来ならアメリカのスペースオペラ(宇宙を題材にした冒険活劇)なのですが
実写化されてから多くの「見ればわかる」イメージが出来ています。

ですが、私のように手話へ移行させるためのイメージにつながらず、習う人も別物と見る人が多いのですね。
かつては、ろう高齢者の中ではあるあるだったのですが、お金がなくて映画館に通いまくるということが出来ないものですから
みんなでお金を出し合ってその中で選ばれた一人がじっくり見てみんなの前で再現するということをやっていたのですね。

どれだけ再現ができ、見てる人もまるで自分も見てきたように感じる。
そんな表現は非常に大切でした。
ろう者でも最近はそういう表現ができなくなってきています。
「レンタルで借りてみたら良いよ」などとすぐにでも見れるため、
映画の本編丸ごとを再現なんて物凄い人は非常に少なくなっています。

現在は私も色々と映像をやるんですが(基本は写真だけど、最近は動画も)
そんな中で素材集というものも最近出ています。

YouTubeで見れる作品から幾つか出してみましょう。














これらは全てCGでのエフェクトなのですが、他にもYouTubeでは「ヒーリング動画」で海の風景などがあります。
これを見ることも頭の中のイメージの引き出しを増やせることになるので、
たくさん見て自分の手で再現してみるというのをオススメします。

この記事を書くために調べてみるとつぐつぐ良い時代になったなーと思います。
本当は映像を真似だけじゃダメなんですけど、まずは真似てみて下さい。

実際私は観察に出かけることがあります。
自然に学ぶと同じ風景がないのでその風景を貪欲に取り込もうとしてしまいます。
この積み重ねがおそらく私のイメージ力の元となっているのでしょう。

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:手話歌考
Home >> 聴覚障害関連 >> What Deaf People and Starbucks ?(スターバックスにおける疑問の回答:英語対応)

What Deaf People and Starbucks ?(スターバックスにおける疑問の回答:英語対応)

日本で「聴覚障害者にも使いやすい」新しいスターバックスの店が開店しました。
A new Starbucks store has opened in Japan that is “easy to use for the deaf”.

このニュースを見て私のアメリカに住む友達が驚きました。
This news surprised my friend in U.S.A.

アメリカでも新型コロナウイルス(COVID-19)は猛威をふるっています。
The COVID-19 virus is violent in the USA.

日本では様々な防疫体制が繰り広げられてきました。
Japan has various quarantine systems.

しかし、個人レベルではマスクと消毒しかできません。
But you can only mask and disinfecton a personal level...


マスクを着用すると表情と口元が隠れてしまいます。
This hides the expression and the mouth by wearing a mask.

聴覚障害者にとって「マスクをする」というのはコミュニケーションが難しくなります。
Communication becomes difficult by wearing a mask for Deaf people.


「新型コロナウイルス(COVID-19)の問題」に関する政府の発表時に手話通訳者が感染の危険がありました。
Sign language interpreters were at risk of infection at the time of the government's announcement on the "COVID-19 problem".

それは何故か?
Why?


最初の間は発表者はマスク着用でしたが、手話通訳者はマスク着用しなかったからです。
The presenter wore a mask for the first time, but The sign language interpreter didn't use a mask.


何故、彼らはマスクを使わなかったのか?
Why didn't they use masks?


政府の発表は「命に関わる重要な情報」でした。
The government's announcement was "Important information about life."

手話通訳をしてもわからなければ意味がない。
It doesn't make sense if you can't understand the information, if Sign language interpreter.

だから彼らはマスクを使いませんでした。
So they didn't use masks.


しかし、手話通訳者も人間です。
But, sign language interpreters are also humans.

彼らには感染防止の必要があります。
They need to be infected.

そして、彼らは情報を伝える仕事があります。
And they have the task of communicating information.


多くの試みがなされました。
Many attempts have been made.

その結果、透明なマスクが生まれました。
The result is a clear mask.

それは改良され、手話が使いやすくなりました。
It has been improved to make sign language easier to use.


今では多くの場所でクリアシールドが使用されています。
Clear shields are now used in many places.

しかし、マスクは必要です。
But you need a mask.

クリアシールドは持ち運びができません。
The clear shield is not portable.


ニュースにあった「スターバックス」
"Starbucks" in the news

これは聴覚障害者でも安心して利用できる店舗です。
It's a store that even deaf people can use with peace of mind.

わかりやすく図にしてみました。(英語ですが)
I tried to make it easy to understand.


新型コロナウイルス(COVID-19)はマスクでは100%防げません。
A mask cannot prevent the COVID-19 virus 100%.

しかし、感染リスクを減らすことはできます。
But, it can reduce the risk of infection.

「咳」や「くしゃみ」、「会話」での飛沫感染をこのやり方で防ぐことができます。
You can prevent it this way from Splash infection in "cough", "sneeze", and "talk".


このスターバックスはこのような試みがあって誕生できました。
This Starbucks store realized as a result of attempts for these Deaf people.


親愛なる友人へ
Dear my friend,
あなたに神の御加護がありますように。
God bless for you.
アメリカに神の御加護がありますように。
God bless for USA.
世界中に神の御加護がありますように。
God bless for All.

 

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連
Home >> 聴覚障害関連 >> コロナ禍と手話

コロナ禍と手話

新型コロナ流行の終息はまだだが、ようやく緊急事態宣言が解除され、
今まで止まっていた社会活動が少しづつだけど再開され始めている。
私の、手話歌の仕事も同じで、ようやく講座が再開できる。

だが、しかし。
手話歌の特性上、指導する上でオンラインは非常に難しい。
私の相方もオンラインを試したが非常に苦戦中。

また、手話という言語は手の形や動きだけではなく、表情や視線などあらゆる身体動作が含まれる。
これ…マスクつけると非常に通じにくい。

普段から慣れているはずの私と相方との間でもズレや誤解が頻発する。

そういう訳で、こういう手を。

これは対面で手話を使えるように透明なパーティションにしたもの。
ソーシャルディスタンスを保ちつつ飛沫感染を防止する策。
動きも表情も見せることは出来るのだが持ち運びが大変
マンツーマンならまだ良いだろうというアイテム。


手話歌講座において口が見えない、表情が分かりづらいのは困ると方法を思案していたら
これを頂いた。
ポリカーボネートと思われる透明なプラスチック製の板を帽子のつばにつける(3箇所)
帽子の形によってはカーブがきつくなりジェットヘルメットのバイザーみたいになる。
この写真は私の帽子(ベースボールキャップ型)に取り付けてみたもの。
写真を見てもわかると思うが、手話での「難しい」という表現がこのシールドに当たって頬に触れることが出来ない。
もっと言うなら手話歌をやる時に耳元で雑音が起きたり、照明の加減で見えない。


相方の現場の方ではこちらを試しているようだ。
メガネに装着するタイプだな。

少々形は違うようだがマスクはマスクでも口元を透明なシールドでカバーするもの。
こちらはだいぶ、コンパクトになり頬なども触れることが出来るものを全国の手話通訳者などに配布しているようだ。

この2つは写真がとれなかったのでアマゾンから引っ張ってきた。
写真をクリックされるとアマゾンの商品ページに飛びます。m(_ _)m

さておき、政府などの発表に関連して「手話通訳者が隣りにいる!!!マスクしてない!!!」という声があった。
今はフェイスシールドや透明マスク等で対応しているが…
それだけ手話というものは表情などが非常に大切だということがテレビを通して知った人も多いと思う。

これで、「ああ、聴こえない人のためにはこれが要るんだな」と思ってはいけない。

中高生は英語を学ぶだろう?
もっと言うなら高校では学校にもよるが、中国語、韓国語などを教えることもある。
大学だとフランス語などの外国語大学でなくとも学ぶものがある。

この時に、発音のコツみたいなのを口を見せて教える場合があるのだ。
例えば「V」…ヴィであってブイと発音すると通じない。
その微妙な発音の違いは口も見る必要がある。
相方が行っているところのように既に使い始めている学校がある。

また、音楽の授業にまでこちらの方が…という声もあるようだ。

私もこの話を相方に聞いてちょっと驚いたが、よく考えればその通りだ。

マスクをした状態で歌を歌うなんて…しんどすぎる。
実は手話歌もそうなのだ。

5分ほどの曲を体を使って表現する。これを何度も繰り返す。
たったそれだけの時間なのに「さ、酸素…」と思うほどに息苦しい。
まるで低気圧低酸素トレーニング(高地トレーニング)やっているみたい。

コロナ禍の影響で手話関係者や学習者をはじめ、多くの方が想像以上の困難さを感じたんではないだろうか。
もちろん私もです。

とりあえず色々工夫してやれているので無理のないように頑張っていこうと思います!!!

nightfox-hq | comments(0) | - | pookmark | category:聴覚障害関連